【ホームシアター】Fire TV Stick × echo studio 2台 ステレオ化

 

ついに来ました、echo Studio
6月22日のプライムデーから1ヶ月半で到着。
9月下旬頃予定だったので、前倒しになりました。
それでも、遅いですが。。

さて、さっそく、ホームシアターを実現したいと思います。
スマホのAlexaアプリから設定します。
下のメニューで「デバイス」を選び、右上の「+」を押す。
そうすると出てくるメニューで「スピーカーを構成」を選びます。

選択肢は3つ。
1)マルチルームミュージック。
2)ホームシアター。
3)ステレオペア。

まずマルチルームミュージックですが、これはPrime Musicの音楽をいろいろな部屋で同時に再生しようというもの。
これのすごいのはecho Studioだけではなく「echo Show」も連動させられるということ。
同じ部屋にあっても良いので、全てのスピーカーをグループ化すると同時に音楽を鳴らせられます。
さらに、ホームシアターでセットにしたスピーカーをグループに入れることができます。
ただし、同じ無線アクセスポイントに接続されたスピーカーのみで、別の無線アクセスポイントにつながれているスピーカーはグループ化できません。

次にステレオペア
これもマルチルームミュージックと似ているのですが、セットにできるのは2台までです。
しかし、その代わりに左右という概念を設定できます。
1台は左、1台は右に設定し、右の音は右に設定したスピーカーだけから再生されます。
こちらも同じ無線アクセスポイントに接続されたスピーカーのみで、さらに同じスピーカーでのみグループ化できます。

最後がホームシアター
これはFire TV Stick 4Kとセットにできる点が違います。
今までの設定はスマートスピーカー同士の連動でしたが、これはFire TV Stickとのセットのため、Fire TV Stickの音声をスマートスピーカーから再生できます。
つまり、Prime Musicの音楽を再生するくらいの使い道だったのが、Prime Videoの映画のサウンド再生にも使えるようになります。
Prime Videoに限らず、Fire TV Stick 4Kで再生可能な映像コンテンツであれば対応できます。

で、このホームシアター設定。
上手く行かなかった
何かというと「同じアクセスポイントにつないでいるにもかかわらず、ネットワークエラー:同じアクセスポイントに接続してください」と出るのです。。
その対策として、各デバイスの再起動、最新バージョンへの各装置及びスマホのアレクサアプリの更新も行うも変わらず・・・。
Echo Studioの選択画面で2台ともグレーアウトされていて選べないのです。
なお、各デバイスは単体としては使える状態で、アレクサアプリでもオンラインでした。

で、色々調べてみると、プライバシーセパレーター(PS)機能と管理フレーム保護(PMF)機能が邪魔することがあるらしいと発見。
これは、無線ルーターの設定なのですが確かにチェックしてみると、PSは有効になっていました。
まず、これを無効にします。

そして、もう一つがアレクサアプリ
新しく追加したはずのEcho Studio二台ですがなぜかいつの間にかすでにグループ化されている状態でした。
このペアリングを解除して、ホームシアター設定を再度実施すると無事に上手く行きました

さて、ようやく上手く行ったEcho Studio環境ですが次の問題が・・・。
リップシンク問題です。

Prime Videoを見る分には問題ないのですが、VLC for Fireでパソコンの動画を再生するとどうしても上手くいかない。
一応はリップシンク調整の機能があるのでそれのタイミングを調整して、最小限にするもそれでもズレはなくならない。。
0.?秒程度のズレなのであまり気にしなければ良いのですが、これは今のところ解決策なしです。

動画データのSMB再生だとだめなのかな?と思ってストリーミング再生をさせましたが、どちらもダメでした。
VLCアプリの設定に音声のタイミングをずらす機能があったようですが、今の最新Fireアプリだとその設定項目がなく・・・。
VLC for FIREの設定で音声の自動映像合わせ機能があったのでそれの設定をいろいろ変えてみるもNG..

ちょっとイレギュラーすぎるの使い方なのが悪いのと、自宅の無線環境が悪すぎるのかもしれません。
とはいえ、テレビの映像でPrime Videoの音をEcho Studio 2台から再生することには成功しました。

ー--

8/15 追記 リップシンク問題の解決(個人的にこれは結構大きい
VLC for Fireですが、音声のタイミング調整機能がありました。
まず映像再生中に「↓」を押します。
そうすると、画面下部に再生バーとアイコンが複数表示されるので、「左下のアイコン」を選ぶ。
そうするとオーディオと字幕のメニューが表示されます。
そこで「左」を押すとオーディオが選択できるので、更に「上」を押す。
そうすると▼にカーソルが合います。
そこで「決定」ボタンを押すとメニューが伸びる。
そうして「オーディオの遅延」というメニューが出てくるので、「下」を押す。

そうするとオーディオの遅延の設定ができます。
非常に、分かりづらい・・・。
そして、出てくるメニューで「<」を押して音声の遅延の調整。
私の環境では「-1000ms」に設定して、「すべてのビデオに適用」。
これで、リップ遅延の対策ができました。
(Amazon Primeなどは元々遅延はなかったので、Fire TV Stickの設定でのリップシンクの調整は全て初期値にもどしました)

ー--

なお、Echo Studioの音質は期待どおりでした。
Dolby Atmosの性能は発揮できることが少なく、すっごい感動的というほどでもないのですが十分
さすがにテレビに内蔵のスピーカーとは違います。
バータイプのBOSEスピーカーと比べると・・・そこまで差はなかったですが。。

そして、思ったよりもスピーカーのサイズは小さかったので邪魔にならず。
なんとなく、元が2.5万円くらいのものなのでもっと大きいイメージでした。
部屋の4隅に置くと、ちょこんと小さいのが座ってるって感じです。
まぁ、邪魔にならなくていいですが、音質が上がると思うともうちょっと大きくても良かったかなという感想です。

ただ、プライムデーの激安っぷりといろいろな方向にスピーカーを搭載しているスピーカーならではの音の広がり感を考えるとコスパは高いと思いました。
なので、プライムデーなどでの購入は非常におすすめ。
あとは、popinAladdin 2との接続のために早くAladdin Connectorの到着が待ち遠しいです。

 

【最新版 2021年 QOL上げるアイテム】格付けベスト50選(家電など)
https://aoi345.com/happy-life/qol-2021/

写真付で2021年QOLを上げるアイテム家電などプレゼントに最適グッズ63選、家電や日用品のQOL向上アイテム