[あなたも実現]経済的自立を達成する方法&リンク集

一日でも早く経済的自立を達成したいと考えている人は多いのではないでしょうか?
そこで今回は、FIRE達成の考え方と方法についての記事を書かせていただきます。
皆様のご参考になれば幸いです。

FIREとは「経済的自立」と「早期リタイア」

FIREとはFinalcial Independence, Retire Earlyの頭文字をとった造語です。
経済的自立と早期リタイアの2つの要素から構成されています。

まず、経済的自立です。
これは、金融資産からの収入が日々の支出を上回る状態を指します。
お金を稼がなくても、お金が減らない状況です。

人よって支出は変わるので、必要な収入も変わります
支出が少ない人であれば、少ない収入で問題ありません。
一方で、支出が多い人は必要な収入が増え、経済的自立は難しくなります。

次に、早期リタイアです。
こちらは経済的自立した状態であれば、労働により収入を得る必要がない
だから仕事を辞めてしまっても問題ないだけです。

 

FIREの目的は「選択の自由」と「労働からの解放」

FIREの目的ですが、人によって異なります
FIREのうちのFIを重視しているのか、REを重視しているのかで変わります。
FI重視の人は「選択の自由」、RE重視の人は「労働からの解放」を求めます。

目的として最初に思いつくのは、肉体的または精神的な理由で仕事を継続するのが非常に辛い。
だから今の仕事をすぐにでも辞めたいけれど、お金がないと生活できないので辞められない
経済的に自立ができていれば辞められるので、早期にFIREを達成したいでしょう。
RE重視のパターンで、非常に理解しやすい目的です。

一方でFI重視の自由を求めるFIREとは何でしょうか?
こちらのパターンの人は、経済的自立を果たしても仕事を続けたりします。
お金を貯めること自体を目的にしていると思われやすいのですが、少し違います。

最初に書いた通り、「選択の自由」を目的としているのです。
経済的自立を果てしていれば、給料が低くても楽しそうな仕事にも悩まず転職できる。
仕事を辞めて海外旅行に行って、再就職できなくてもOK。これが選択の自由です。

 

生まれて死ぬまでに必要なお金は手に入れなくてはならない

FIREなんて達成できなくても全く困らない
そう思っている人も多いのではないでしょうか?
実は、お金に困っているという事に気付いていないだけです。

仕事をしている理由は何でしょうか?
経済的自立を果たしていない場合、仕事をしないと家賃や食費が払えない。
お金に困っているから仕事で稼がざるを得ないのです。

また、経済的自立を達成せずに60歳や65歳になったとします。
その時に定年退職することができるでしょうか?
定年時点で経済的自立を達成しないと定年後の労働が強要されます。

死ぬまでに必要となるお金を手に入れる必要があります。
この必要なお金をすべて手に入れた状態が経済的自立です。
生まれた時に0からスタートではなく、お金はマイナスからスタート。

経済的自立を果たした時にゼロ(自由)になる

 

FIREを達成する方法

FIREを達成する方法ですが、シンプルです。
FIREのために必要なのは労働を伴わない収入です。
資産を運用して、その収入が大きければ達成できます。

手元のお金を増やす方法ですが、こちらもシンプルで下記の3つです。

①収入を上げる
②支出を減らす
③資産を運用する

 

収入を上げる

収入を上げる方法は、色々ありますが主には「出世」、「転職」、「副業」があります。
既に高い収入を得ている人は対策は不要なのですが、平均年収以下の場合は最重要です。
その場合に「出世」と「副業」は労力に対するリターンが低いので、「転職」が一番です。

支出を減らす

支出の削減ですが、最初にも書いた通り支出が少ない人ほどFIREは早期に達成できます。
普段からお金遣いが荒く、貯金が全くないような人は早期のFIRE達成は難しいです。
人によって支出内容が異なるので一概には言えませんが、共通点もあります。

「家計を把握」、「固定費を削減」、「見栄を張らない」です。
家計把握で重要なのは資産で、どこの口座に資産がいくらあるかの推移を定期チェック。
家計簿の方はキャッシュレスにすれば、オンライン家計簿が自動で作れます。

固定費は、家賃(買わない)、車(乗らない)、保険(入らない)の3つの削減が最重要。
それに続いて、携帯電話、サブスクリプション、教育費などが削減ポイントです。
いずれにしても何にお金を使っていて、どこが削れそうかを知ることが重要です。

見栄については、インスタなどのSNSへの投稿は即刻中止。
人に見せる、言うのが主目的のブランド品などの出費はしない。
見栄っ張りを辞めれないと、お金は絶対に貯まりません

資産を運用する

資産運用は3番目です。
収入を増やすためのものではありません
そもそも、資産運用は原本がないと増えません。

外貨FXや仮想通貨などは運用とは言えず、ギャンブルです。
また不動産投資に関しては、資産運用ではなく不動産業という副業です。
資産運用は投資先に時間をかけるのではなく、投資時間をかける

投資先は海外株式インデックス投信で良いです。(FIREで検索して出てくる怪しい投資はダメ)
リターンを増やしたければ運用先の選定を頑張るのではなく、運用資産を増やしましょう。
そのために「収入アップ」と「支出ダウン」が先です。

一方で、資産運用を全くしない場合は金融収入がないのでFIRE達成はできません。
資産運用は3番目の要素とは言っても、運用は必須です。

 

収入を上げて、支出を減らし、資産運用しても達成できない

4人家族で月額の出費が40万円。年間で480万円、配当の税引き前で600万円。
これを資産運用(4%ルール)で手に入れようとすると「1億5000万円」になります。
この金額が一般的なFIRE達成の資産と言えます。

子なしの二人暮らしであれば、30万円以内の出費に抑えられるので1億円程度でもOK
それでもかなりの金額で普通にで、実際に貯められるように思えません。
そのため、サイドFIREに目標を変えがちなのですが、選択の自由が得られず魅力はありません。

では、どうすれば良いのでしょうか?
試算運用は、株式以上のリターンは出せないので、早く運用を始めることしかできません。
実際に対策できるのは、収入アップと支出ダウンです。

収入アップで実現可能で最も効果的な方法は、夫婦共働き正社員です。(若いうちに結婚が前提)
女性は結婚すると正社員を辞めてしまう人も多いのですが、それではFIREは達成できません。
片働きで年収1000万円は難しいのですが、世帯年収1000万円は正社員であれば現実的です。

支出ダウンは、保険と車に一切お金を使わないことです。圧倒的な効果があります。
保険は貯金があれば自動車保険以外は不要で、車がなければ自動車保険も不要。
社会保険で十分ですし、日常生活に全く影響がありません。

節約しがちな食費は削減したところで、大きな効果はありません。
家については、家賃を下げるのは非常に効果はあります
しかし、通勤時間がかかる場所に住むのは失う時間が多すぎるため、優先順位は低いです。

FIRE達成には、嫌だなと感じることを避けることができません。
収入アップや支出ダウンに本気度が試されます
それを避けて、資産運用の成果ばかり考える人は上手く行きません。

 

関連ページの紹介

FIREを達成するために活用できる関連ページを紹介します。

FIRE達成

FIREを達成するための基礎知識を記載しているページです。

 

節約

節約関連の情報を記載しているページです。

 

収入アップ

収入アップ関連の情報を記載しているページです。

 

資産運用

資産運用関連の情報を記載しているページです。

 

その他

整理整頓やQoLアイテムなどその他の情報を記載しているページです。

 

まとめ

今回は、「FIRE達成の考え方と方法」についての記事を書かせていただきました。
今回の記事のポイントをまとめると下記の通りとなります。

①FIREで得られるのは自由と解放
②FIREは全員が達成すべき目標
③しかし、FIREの達成は非常に難しい

 

つまり、FIREを達成したいと場合には直ぐにFIREの行動を開始するのがおすすめです。
そのため、収入を増やし、支出を減らし、残った資産を運用するようにしましょう!

FIREに興味がある人は、下記の記事もあわせてチェックしてみてください。

 

FIRE達成のお金が増える魔法の辞書(収入アップ、支出ダウン、資産運用)
https://aoi345.com/finacial-independenc/fire-dictionary/