保険は加入しないようにライフプランを立てる事が重要。いずれにしても夫婦共働きが一番の保険になります。

保険である。
私は保険と言えば会社の健康保険組合への加入のみ。
自動車保険以外はいわゆる保険会社の保険には入ったことが無い。

保管は生命保険、医療保険が2台巨頭。
それに、介護保険、学資保険、養老&年金保険などがある。

まずは、生命保険
これは、そもそも扶養している人がいない独身時代に加入する必要はない
で、結婚しても夫婦共働きなら不要

子供ができてから検討すればよいですが、平均的な生命保険金額の2000万。
これを受け取ったところで、正直、働かずにそのあと生活していける金額ではない。
それならば最初から夫婦で働き続ける事が一番の保険になるでしょう。
そして、理想としてはその2000万円は子供が生まれるまでに貯めましょう。
そうすれば、生命保険と言うものにお金を使う必要はなくなります。

ポイントは夫婦共働きで早々にお金を貯めて、生命保険に入らなくて良いライフプランを立てる事です。
入る必要があるとしても掛け捨てで加入し、不要になったら保険を止めればよい。
専業主婦になりたい人は、経済的に独立するまでの資金を貯めてから専業主婦になりましょう。
それを急ぐと後で困ることになります。

次に、医療保険
これは貯蓄があまりにもない場合には有効ですが、健康保険に入っているならばそもそも高額医療費は補助がある。
そのため、医療保険に入らずに、働き始めてすぐに100万くらいの貯金を作ってしまえば良い。
つまり、加入を悩んでいる間にお金を貯めましょうということ。
全く、加入する必要が無い。
入る必要があるとしても掛け捨てで加入し、不要になったら保険を止めればよい。

そして、介護保険
年金には、障害年金と言うものがある。
あまり加入している人もいないと思うが、ちゃんと年金さえ払っているならこの保険も不要。
それよりも貯蓄をしっかり持っておく方が安心だ。

学資保険年金保険
これは、保険的な機能の分だけ自分が貯めるよりも投資成果が減るという金融商品。
保険的なものが必要ならば、その保険を掛け捨てで行うべき。
貯蓄と保険を組み合わせるような商品は、こっそりお金が抜かれているだけのもの。
積み立て貯蓄なのに手数料が抜かれるだけの貯蓄型保険はいずれのタイミングでも加入する必要はない

ということで、一番いいのはとにかく早くお金を貯めて、保険に入らなくても良いようにする事。
相する事で、保険にかかる手数料が減額され、保険にかかっていた手数料分の原資を投資に回して資産が築ける。
保険と言うのは、貯蓄が少ない時にリスクを抑えるために「お金を払ってサービスを受ける」というもの。
入れば入るだけ、お金は減ると心得よう。