ナフコ、スタンダード市場 プライム市場の意思なし 割安だけど期待要素無し

 

奇跡は起こりませんでした。

新市場区分「スタンダード市場」の選択申請に関するお知らせ
http://www.nafco.tv/corporate/ir/press/nafcopress_211217.pdf

 

という事で、ナフコはスタンダード市場を選択。
プライム市場への昇格を選びませんでした。
という事で、おいしい話は無し。。

2期連続の増配、株価上昇を狙っていると思っていたのに残念です。
自社株買いも2018年以降なし。
プライム入りも意思が無し
と、いう事で今後に上がる要素は無し。

普通に割安高配当株として持ち続けるのは良いかもしれない。
一方で、成長性は期待できない。
ゆえに割安ということもある。

ゆっくりでも成長していれば保有し続ける価値はあると思いますが、さすがに下降基調は厳しい。
ホームセンター市場も成長性はない
日本の人口に併せて減ってい行く一方。
となると素直に売りが正解でしょう。

配当株としていうならば、他にもっと良い選択肢があるはずですから。。
逆にそこが狙い目でM&Aされるなどのサプライズがあれば、一気に上がる可能性はありますが。。

 

12月末期限の東京証券取引所の市場区分公表期限でナフコとフルヤ金属に注目
https://aoi345.com/finacial-independenc/prime-select/

12月末期限の東京証券取引所の市場区分公表期限でナフコとフルヤ金属に注目