楽天携帯のオンライン契約の楽天ポイントが付与されました。3000ポイントは嬉しい。

使わない理由がない楽天Un-Limit

 

楽天携帯のオンライン契約の楽天ポイントが付与されました。
ポイントは3000ポイント。

楽天Un-Limitは1年間資料量が無料。
事務契約手数料が3300円ですが、Rakuten Linkのアプリ登録をすれば3300ポイントが還元。
オンラインで契約すると3000ポイントが無料で貰えるだけと至ってお得。

楽天モバイルは1年限定ではあるものの、楽天県外で毎月5G、楽天圏内なら使い放題。
正直、1年間は使わない理由が見当たらないサービスになります。

楽天と言えばクレジットカードが人気で、楽天経済圏というものを確立している。
この楽天Un-Limitは楽天市場のポイントアップの対象。
しかし、不思議なのはその契約が延びないこと。
楽天のクレジットをメインカードにしているのに楽天Un-Limitの契約をしない人が多いわけです。

これの理由は恐らくですが、携帯回線の契約を切り替えるのが面倒だから
今の時代は携帯電話の番号も引き継げる。
スマホのメールは引き継げないけど、LINEなどの連絡が主なのであまり使われていない。
スマホメールもG-Mailなどに切り替えればよい。

しかし、各種登録は携帯のメールアドレスでしてしまっている。
これも含めて切り替えるのが面倒くさい
メールアドレスとアカウントリンクがされていることも壁でしょう。

 

楽天Un-Limitの最大の弱点 iPhone非対応

 

あとは、楽天側の問題。
対応スマートフォン問題でしょう。

iPhone X以前のiPhone非対応
これが非常につらい。
iPhoneユーザーはAndroidに替えたくない。

だから楽天 Unlimitに買えるには新しいiPhoneに替えるしかない。
これが非常に高い。
10万円を超える。
そうなると楽天Unlimitが安い意味が無くなる

面倒くさいし持っているスマホに対応していないから、結局お金がかかる。
だから、Androidに替えてもいいやというユーザーにしか響かない。
私の場合はiPhoneは高いからAndroidに替える良いタイミングと思いましたが、そう思う人は少ないのでしょう。

楽天ではOPPO A5 2020は2万円ちょっとで変えて、2万ポイントの還元と実質無料のような施策が打たれています。
どうせAndroidに替えるなら人気で3.5万のOPPO Reno Aの方が良い。
しかし、楽天Un-LimiteではReno Aのポイント還元は1万ポイントなので、価格は高いのにポイント還元が少ない。

機種の比較としては画面サイズや見た目は似たような感じ。
バッテリーに至ってはA5 2020の方が多くて長持ち

一方で、Reno Aはその分だけ軽くて薄い
さらに、ゲームするときのグラフィック性能や暗いところで撮影するときのカメラ性能などもReno Aが良い。
価格が高いので当然ですが・・・。

液晶などもサイズはあまり変わらないもののReno Aの方が画素が細かくて綺麗。
更に、防水とおサイフケータイ対応もReno Aだけ。
となると、楽天Un-Limitにするのは良いけど、それならiPhoneで未対応だったお財布携帯に対応などプラス面が欲しい。
iPhneはノッチで画面が狭くなりますがOPPOスマホならしずくノッチで画面はほぼ全画面です。
アプリはAndroidに替えるとリセットされますから。

楽天は、5Gの月額も4Gと据え置きを発表しています。
さらに他社との価格差が大きくなります。
NTTのNTT docomo買収のニュースも併せて、ようやくスマホの値下げが始まりそうです。
期待したいと思います。