[最安値達成]あなたが契約すべきSIM、楽天/ahamo/LIBMO+povoの組み合わせ

混雑しないスマホを安くお得に選びたいと考えている人は多いのではないでしょうか?
そこで今回は、スマホキャリアの選び方についての記事を書かせていただきます。
皆様のご参考になれば幸いです。

月3GBならpovoかLINEMO

スマホ料金の最新価格の比較を行いました。(価格はすべて税込み)
こちらでは値段の比較だけで総合的は判断は、お任せしていました。
住所や利用頻度によって変わるからですので、条件を設定しておススメ提案します。

[最安値達成]2022年スマホ料金、メインキャリア・サブキャリア・オンライン専用・MVNO

条件が月3GBの場合ですが、povo(\990)かLINEMO(\990)が選択肢。
Androidスマホの場合は、スマホがau向けかsoftbank向けなら合わせましょう。
SIMロック解除されたスマホであっても受信できる周波数が違います。

SIMフリースマホの場合には、少し悩みます。
それぞれのメリットは下記のです通りです。
結論としては、LINEMOかなと思いました。

povo 3GB(\990)のメリット
・基本無料で使用時だけ契約
・ギガ活で獲得追加容量獲得(au Pay必須)
LINEMO 3GB(\990)のメリット
・LINE カウントフリー
・口座振替に対応
・制限後速度が300kbps(povoは128kbps)
・povo 360日の費用とLINEMO 365日の費用が同じ

 

月5GB以上利用の場合の選択肢

povoやLINEMOは、3GBまでであれば安いプランがあります。
しかし、少し追加しようとしても20GB契約になるため安くない。
そこで次の3つのプランを考えました。

①楽天モバイル 20G \2,178
②ahamo 20G+5分通話 \2,970
③LIBMO+povo 3G+3G \1,120(株主優待適用)

 

楽天モバイル 20G \2,178

楽天回線の通信エリアに問題ない人にお勧め。
エリアも広がってきて、お昼にそれほど混雑もしません。
楽天モバイルも20GBに増えてしますのですが、その料金が2,178円と安めです。

一人暮らしの場合にもお勧めできます。
スマホテザリングと併用して、自宅のインターネット環境としても利用。
楽天エリア限定ですが月額3278円でインターネットとスマホが使い放題です。

楽天モバイルは、楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

ahamo 20G+5分通話 \2,970

次はサブブランド系をお勧めしたいところですが、ahamoです。
サブブランドこそ5GB程度のサービスを提供して欲しいところですが3GBの次が15GB。
15GBが安くもないので主要キャリアのオンライン限定プランに勝てません。

ahamo、povo、LINEとオンライン限定プランでahamoを選ぶ理由は安いからです。
一見高く見えるのですが、少しは電話もするので5分無料をつけて比較します。
ahamo 2,970円、povo 3,250円、LINEMO 3,278円ahamoが最安です。

制限後速度もahamo 1Mbps(1,000kbps)、LINEMO 300kbp、povo 128kbpsと最速。
povoとは違って口座引き落としにも対応。
docomo回線だから、docomo系SIMフリースマホに最適でプラン変更なのでMNP対応も不要。

ahamo

LIBMO+povo 3G+3G \1,120(株主優待適用)

MVNOはどこも似たような価格で、朝の通勤や昼のランチ時間は遅すぎる。
その時間の速度を我慢できるのであれば5GB程度の容量を激安で契約可能。
さらに下げる方法に株主優待があって、これを含めた最安値はLIBMOです。

LIBMOの株価は900円程度なので100株で9万円。
100株保有は月額350円、300株にすれば月額850円の割引になります。
月3GBが130円、月8GBが668円(私はコレ)が基本料になるので非常にお得です。

弱点はMVNO共通のお昼に使い物にならないこと。
そこで、サブ回線としてpovoを利用するのが便利です。
LIBMOの月3GBの130円とpovoの30日3GBの990円の2つ(1,120円)を契約する。

電話番号が2つ持てることとdocomoとauの2つの回線の冗長性も確保。
povoを選んでいるのは、LIBMOをメインにして不要な期間はpovoはデータ購入なし
スマートフォンがデュアルSIMに対応していないと使えない手法です。

20ギガ1991円(税抜1810円)【LIBMO】

 

まとめ

今回は、「スマホキャリアの選び方」についての記事を書かせていただきました。
今回の記事のポイントをまとめると下記の通りとなります。

①3GB以下ならLINEMO
②電話もそこそこ使うならahamo
③切り替えでお得なLIBMO+povo

 

つまり、デュアルSIM対応のスマホの場合にはLIBMO+povoを選ぶのがおすすめです。
そのため、携帯購入時はデュアルSIM対応を確認するようにしましょう!

通信キャリアに興味がある人は、下記の記事もあわせてチェックしてみてください。

 

[徹底比較]2022年スマホ料金、メインキャリア・サブキャリア・オンライン専用・MVNO
https://aoi345.com/finacial-independenc/smart-phone/

[最安値達成]2022年スマホ料金、メインキャリア・サブキャリア・オンライン専用・MVNO