Fire TV Stick&ホームシアターで音声の遅延なくNASとUSBメモリーの動画再生

 

以前の記事で、Fire TV Stick 4Kの動画再生にはVLC Playerをお勧めしました。
送料込みで350円程度のOTGケーブルを繋ぐだけで動画入りのUSBメモリーをFire TV Stickで再生できるようになる。
以前のGoogle Storeインストール+KODIの環境に比べれば圧倒的に楽です。

しかし、問題がありました。
私はFire TV 4Kに2台のEcho Studioを接続して、シアターモードにしたのです。
そうすると、なぜか音声が映像に対して1秒遅れるのです。

これを何とかVLC Playerで調整するのですが、動画を再生するたびにその設定をしなければならない。
つまり、あまりにも面倒くさい。
これが、Echo Studioのシアターモードのせいだと思ってました。

が、実際はVLC Playerが悪かった。。
で代わりのソフトを探します。
どうやら人気らしいのが「AirReceiver」です。
有料なのですが305円。
そこまで高くないです。

そして、このソフトで試すと「音声の遅延がなくなった」のです。
しかし、個人的には操作が気に入らない。
Fire TV Stickのリモコンで、進むボタンを押したら早送り、戻るボタンを押したら巻き戻し。
これをしてほしいのです。

また、私はNASを使っています。
これにも対応はできるのですが、毎回トップメニューからNASのフォルダを選択しなければならない。
動画を再生するたびに音声操作のVLCよりはマシですが、トップメニューが動画の一覧になっていないこのソフトは不満いっぱい

で、結論としての最良の選択肢はX-plore File Managerです。
ファイルをコピーしたりできるような、ファイラーソフトなのですが動画再生の機能があります。
さらに、動画再生中に進むボタンで早送りなどの操作にも対応。
もちろん、Echo Studio2台のホームシアター設定でもVLC Playerのような音声の遅延もありません

このソフトですが基本的に無料。
ちゃんと、動画のフォルダーを記憶してくれて、動画の一覧がソフト起動時に表示されます。
USBメモリーだけではなく、NASにも対応。
AirReceiverと違って、メニューを選んで・・・みたいな操作も不要。
手動IPの入力なしでNASの自動検索にも対応です。

さて、ではこのソフトの弱点。
動画再生中に左上にビールのマークが出るんですよね。
そんなに大きくないのですが、メインソフトとしては気になる。。

これの対策は課金です。
1段階目でメニュー表示の画面でのビールマークが消える。
そして、2段階目で動画再生中のビールのマークが消せます。
言っても数百円レベルなので、メインとして使うには消すのがお勧めです。

一見は、2つのエクスプローラーが並んでいるような見た目で難しそうな感じ。
ですが実際のところは、左側だけ使ってもいい。
左側はUSBメモリーのフォルダーを指定、右側のメニューではNASのフォルダーを指定。
こういう使い方で、スグに両方の動画再生に対応できるというメリットもあります。
私の場合は左側にNASの子供の動画フォルダ、右側にNASの自分用の動画フォルダーを指定
これで子供の要望にも、自分の用途にも便利なので、結果d系には重宝しています。

 

【Fire TV Stick 4K】USBメモリー内のMP4動画を再生する
https://aoi345.com/happy-life/fire-tv-usb/

【Fire TV Stick 4K】USBメモリー内のMP4動画を再生する