[過去最安値評価レビュー]KindleScribe(キンドルスクライブ)10.2インチ液晶書き込みの価格と比較

Kindleを使用しているけどもう少し大きい画面が欲しいと考えている人は多いのではないでしょうか?
そこで今回は、10.2インチ液晶のKindle Scribeについての記事を書かせていただきます。
皆様のご参考になれば幸いです。

価格は高いけど10.2インチ液晶は圧倒的で買うべき一品

新しいkindleが11月30日に発売となります。
なんと! 現在のOasisの最大7インチから大幅なグレードアップの10.2インチのディスプレイです。
【New】Kindle Scribe キンドル スクライブ (16GB) 10.2インチディスプレイ Kindle史上初の手書き入力機能搭載 スタンダードペン付き

 

下記の記事に基本スペックと比較表があります

[発売日]高いkindleScribe.(キンドル スクライブ)評価レビュー&比較&ペン

気になるのはその価格、一番安いスタンダートペンのモデルで\47,980が16GBです。
一番高いのがプレミアムペン付きモデルの64GBが\59,980と中々の価格帯。
スタンダードペンのモデルとプレミアムペンのモデルの価格差は\4,000ながら、機能の差はショートカットボタンの違い。
買うのはスタンダードペンのモデルで良さそうです。

このモデルの画期的な追加機能はもう一つあります。
それは、Kindleに書き込める機能があることです。
Eインクで書けるメモ帳は激安で売っているので、今までの機種が対応していなかったのが不思議ではあります。
この製品で重要な点は書いたものが保存、出力できるという点でしょうか。
この機能は激安の電子メモにはありません。

書き込めるKindle Scribeの価格と機能の比較

今回のKindleとの違いには何があるでしょうか?
これに関しては、下記の3つのラインアップと比較します。

①Kindle(16GB/広告なし) \12,980
②Kindl Paper White(8GB/広告なし) \16,980
③Kindle Oasis(8GB/広告なし) \31,980

 

Kindle(16GB/広告なし)

広告ありは鬱陶しいので、広告なしで最も安いモデルをチョイスしました。
6インチのディスプレイ、解像度は300dpiでLEDは4個です。
プライムデーの価格は以前のモデルであれば\4,980まで下がっていました。
4000円の値引きでしたので、\12,980の価格から考えると\8,980あたりになるのではないでしょうか。

Kindl Paper White(8GB/広告なし)

Kindleが新モデルのため容量としてはこちらのモデルの方が小さいモデルがあり、同じく広告なしです。
シグネイチャーエディションという明るさ自動調整とワイヤレス充電対応のモデルもあります。
6.8インチのディスプレイ、解像度は300dpiでLEDは17個です。
プライムデーでは同じく4000円引きで、\12,980になります。広告ありはさらに2000円安いです。
LEDの数だけではなく、防水機能やフラットベゼルから考えて、今のところはこちらも出るがおススメです。

Kindle Oasis(8GB/広告なし)

今までの最上位モデルです。
Paper Whiteのシグネイチャーモデルに人間工学に基づいたデザインが付加されたモデルです。
ラインアップとして、無料の4G対応モデルがあったりもします。
7.0インチのディスプレイ、解像度は300dpiでLEDは25個です。

価格は\31,980で、プライムデーは10000円引きでしたので\21,980と行きたいところですが、プライムデーの後で5000円値引きされているので、\26,980がプライムデー価格になるのではないでしょうか。
micro-USB搭載などちょっと古めのモデルで、価格の割に0.2インチしかサイズも大きくならないので、買うべきではないと思います。

10.2インチ液晶のKindle Scribeの機能の違い

10.2インチのディスプレイ、解像度は300dpiでLEDは35個です。
基本的に最上位モデルのため機能は多いものの、ワイヤレス充電と4G対応モデルは無しです。
しかし、圧巻のディスプレイサイズと手書き機能は購入する価値があります。

価格については、広告なしのみなので、スタンダードペンの16GBで\47,980~です。
プライムデー価格に関しては情報がありませんが、Oasisの実績から10000円引きの\37,980くらいかなと予想します。
それでも結構なお値段がしてしまうのは痛いところではあります。

やはり書き込み機能がある点はこのモデルの重要ポイントでしょう。
最初からこのモデルを買うことはお勧めできないのですが、Kindle Paper Whiteあたりを買って、利用頻度が高いようであれば、絶対購入したくなる一品です。
ちょうど10インチくらいのKindleが欲しいと思っていたので、気を抜いたら買ってしまいそうです。
それでも一応はプライムデー価格を待ちたいと思います。(来年まで待たないとセール価格は出なさそうですが)

まとめ

今回は、「10.2インチ液晶のKindle Scribe」についての記事を書かせていただきました。
今回の記事のポイントをまとめると下記の通りとなります。

①Kindle Scribeという10インチオーバーのモデルが11月30日に発売
②追加機能として、書き込み機能に対応した
③価格は約5万円で、プライムデー価格でも4万円くらいと超高級品、だが欲しい

 

つまり、Kindleを習慣的に使う人の場合にはけっきょく買うことになる一品です。
そのため、プライムデーでお得価格を見つけた場合には必ず購入するようにしましょう!

Kindleに興味がある人は、下記の記事もあわせてチェックしてみてください。

 

[発売日]高いkindle scribe.(キンドル スクライブ)評価レビュー&比較&ペン
https://aoi345.com/happy-life/kindle-scribe-buy/

[発売日]高いkindleScribe.(キンドル スクライブ)評価レビュー&比較&ペン

Kindle Paper WhiteはFire 7と比べて高いだけなのになぜ買うのか?
https://aoi345.com/happy-life/kindle/

[評価レビュー]KindlePaperWhiteはFire7と比べて高いのになぜ買う?