Fire TV StickとスマホのミラーリングによるTVerのリアルタイム配信の視聴

 

Fire TV StickとスマホのミラーリングによるTVerの視聴
これを実現したい。

正直、Fire TV StickのTVerアプリが「TVのリアルタイム配信」対応しているならば、そもそも不必要。
しかし、おそらくは大人の事情でTV用アプリ(Fire TV Stickも含む)はリアルタイム配信は非対応。
パソコンのWEBサイトやスマホアプリには対応しています。

つまり、大きい画面でTVerのリアルタイム配信を見せたくないのです。。
結構徹底していて、Fire TV StickやPS4のブラウザーでTVerを見ようとしても見られないようにされています。

そうなると、素直にパソコンの出力先をTVのHDMIにすれば、パソコンのブラウザーからTVerのサイトにアクセスしてテレビなどの大きい画面でリアルタイム配信は見れます。
ただい、TVerのリアルタイム配信のためだけのパソコンを用意するのも、それを置いておくのも面倒くさい。
常に電源を入れておくには電気使うし。。
という事で、あまり良い手ではないのです。

そうなると、スマホやタブレットなどのアプリのTVerをテレビ(Fire TV Stickの出力)にコピー表示させるする方法になります。
このコピー表示がちょっと難しくて

①表示されている画面をそのまま映す(ミラーリング)
②スマホのアプリからFire TV Stickのアプリを呼び出して同じ映像を流す(キャスト)

という2種類があります。
さらに、この手段にも種類があります。

①Miracast
②Chromecast(Google Cast)
③AirPlay

①がWi-Fiアライアンス、②がGoogle、③がAppleの規格です。
この3種類がそれぞれ、ミラーリングとキャストに対応しています。

Fire TV Stickですが、Miracastが標準で対応可能です。
ホームボタンを長押しして出てくるメニューの右から2番目の「ミラーリング」を選ぶとミラキャストの待機状態になります。
ChromecastとAirPlayですが、AirReceiverというアプリケーションをインストールすれば対応させられます、305円)

さて、この3つのうちどれを使うかですが、Miracastが良いです。
というのもTVerとの相性があります。

 

先ほどのコピー表示の種類があると説明をしました。
ミラーリングとキャストです。

キャストというのは、受け手側(Fire TV Stick)のアプリが動作するので、操作は軽く映像もスマホとFire TV Stick間で飛ばさないので効率が良いです。
しかし、そもそもですが、TVerのリアルタイム配信にはキャストには対応していません。(TVで見せたくないので、あえて対応させていないと思います。)
つまり、今回のTVerのリアルタイム配信をテレビで見たいということだと「ミラーリング」になります。

さて、このミラーリング。
Andoroidスマホの場合に、MiracastとChromecastのそれぞれに対応したアプリが色々見つけらえます。
「ミラーリング、クロームキャスト、Miracast」というアプリを落としました。

ソフトを起動して、接続を選択。
そうするとFire TV StickにAirReceiverというアプリを入れていれば、Chromecastの方が見つかります。

つぎに、Fire TV Stickほホームボタン長押しから、ミラーリングを選択。
Fire TV StickをMiracast待機状態にします。
そうすると、Chromecastが見つからなくなります。
さらに、右上の「Enable wireless display」にチェックを入れる。
すると、Fire TV Stickが見つかります。(AirReceiverを入れていないとコチラでしか見つからないです。)
この方法で発見できるのはMiracastの方です。

さて、Chromacastで接続しようがMiracastで接続しようが、一見の見た目に違いはありません。
どちらもミラーリングが実現できます。
なので、同じと思うとTVerアプリをAndroidスマホで実行したときに違いがでます。

Chromecastでつないでいると、TVerアプリの画面だけが真っ暗になるんです。たぶん、AirPlayも同じ。
一方で、Miracastで接続しているとTVerアプリの画面だろうが、ちゃんと映ります
つまり、今回の目的だとMiracast一択になります。
つまりは、AirReceiverの有料ソフトは不要ですね。。

 

さて、次の実験。
Fire HDタブレットからコピー表示できるか?ですが。
コチラに関しては、Fire HDタブレットのアプリや無理やりAndroidのアプリを入れてみたりなどしました。
結論としては、どのキャストの種類(Miracastなど)でも、キャストはできるけどミラーリングはできないという結論でした。
これは、Fire タブレッドのハードウェア側の制限と思います。
もちろん、Fire HD 10(第5世代)などはMiracastに対応しているので問題ないでしょうが、最近モデルはすべてMiracast非対応です。
まぁ、TV表示にはFire TVを使ってほしいんでしょう。。

結論としては、Fire タブレットはTVerのリアルタイム配信元には使えません。

 

ちなみに、元に戻ってFire TV Stickでホームシアターを構成しているときの挙動。
最強環境のMiracastミラーリングでは、音声が再生されません。
ホームシアターを構成さえしてなければ、音は問題なく出るのですが・・・。

一方で、Chromecastミラーリングですが、前に書いた通り映像は出ないのですがなんど、ホームシアターを構成しているEcho Studioからちゃんと音が出る。
これは少し不思議。
まぁ、ホームシアターの音で出すことよりも映像が出ることが大切なので、Chromecastミラーリングという選択肢はないのですが。

っと、思いついた。
popIn Aladdin 2のミラキャスト。
これだと、音声もpopIn Aladdinから出せる。
映像もpopIn Aladdinから出せる。
そして、Fire TV Stickを経由しないから、ホームシアターを解除しなくていい。
プロジェクターをつけるのは面倒だけど、Now On TVerを見るときだけだから頻度は低い。
popIn Aladdin側の設定はトップメニューの画面の[環境設定]→[その他の設定]→[Miracast]を選ぶとスマホの映像が出せる。

 

となるとやはり、Tverのリアルタイム配信を見たいときは、面倒くさいけどFire TV Stickのホームシアターを解除して、Miracastのミラーリングをするしかないですね。
それ専用のパソコンを置いておくのも面倒だし、キーボードやマウスが邪魔くさい。

Miracastのミラーリングですが、「ミラーリング、クロームキャスト、Miracast」というアプリなどを使っても良いのですが、私のようにGlaxyを持っているユーザーなら、Smart Viewという機能が搭載されています。
こちらは標準搭載で、無料。広告もなし。
なので、スマホが最初からMiracastのミラーリング機能を搭載している場合は、そちらを使うのをお勧めします。

 

NHK解約のためにテレビの代わりにする65インチのディスプレイを検証
https://aoi345.com/happy-life/nhk-display/

NHK解約のためにテレビの代わりにする65インチのディスプレイを検証