JavaでAndroid Studioアプリ開発を試みるの第1回 「アクセス修飾子」

Android Studioでプログラミング(Androidアプリ開発)を試みております。
javaという言語を学生時代に倣ってはいるのですが、ほとんど覚えていません。

私の最初の目標としては、「Androidのメモ帳アプリを作って、Google Playにアップロードすること」です。
この目標は今が9月2日ですが、何とか9月末までに完了させたいと思います。

そして、その記録を残していきたいと思います。
主には、作成中に調べたことのメモを残す目的です。

Androidアプリ開発で最初にすべきこと

Androidアプリ開発で最初にすべきことですが、開発環境の構築です。
Androidアプリですが、この作業は無料で達成できます。
というのもAndroid Studioという無料の開発環境が配布されているかです。

Android Studioダウンロード
https://developer.android.com/studio?hl=ja

これをダウンロードして、インストールするわけですが、順番にボタンを教えていくだけなので迷わないでしょう。
そして、新規プロジェクトを立ち上げて、サンプルを実行してみると、特に何を書いたわけでもなく、Hello Worldと文字が表示されたアプリケーションが起動します。

 

さっそくAndroidメモアプリを作ろうと試みる

さて、いきなりですがメモアプリ作成に取り掛かります。
この手のネット情報ソースが古くて、今のAndroidだと対応できないものが多い
だから、今の使える情報を残しておこうというのがこの記事も目的です。

このメモ帳アプリですが、データベースを使用します。
と言っても、Androidで簡単に使えるSQLiteというデータベースです。
データベースサーバーを自分で立ち上げるのではなく、Androidで使える機能を使うのみです。

で、これを使おうとするのですが、まずは「コントラクト」と言うもの作るらしい。
Androidアプリでは、最初にMainActivityというクラスが生成されて、これがメインメソッド的なものです。
それとは別のクラスとして、このコントラクトクラスを作っておきます。

ここで記載すべき内容は、SQLデータベースで使う変数の定義なります。
で、この内容を書いていくのですが、まずはpublicという文字が出てきます。

 

さっそく出てきたアクセス修飾子

なんかあったなぁって感じですが、これには4種類あります。

public どこからでもアクセス可能
クラスの場合は、1ファイルに1つまで。
そして、ファイル名とクラス名は一致の必要あり。
(記載なし) 同じパッケージのクラスからアクセス可能。
proteced 同じパッケージのクラスからアクセス可能。
別パッケージの継承クラスからもアクセス可能。
private クラス内部からのみアクセス可能。

 

多く場合は、publicかprivateでしょう。
そして、

同じクラスからアクセスできればいい場合は、private。
他のクラスからアクセスが必要場合は、public。

 

ざっくり最低限としては、これくらいを抑えておけばいいかなと思います。

 

まとめ

Androidアプリの開発環境は無料だし、構築も簡単です。
しかし、ちょっとプログラミングを始めるとすぐに壁にぶち当たります。

今回はアクセス修飾子でした。
今後は他にもいろいろ出てくるでしょう。
諦めずに続けたいと思います。

 

【Raspberry Pi】色々種類があるRaspberry PiのOSどれが良いか?
https://aoi345.com/memorandum/ras-pi-os/

【Raspberry Pi】色々種類があるRaspberry PiのOSどれが良いか?