AppSheetで仮想項目でないデータ項目を追加する方法

 AppSheetで項目を追加したい人は多いでしょう。今回は、AppSheetでテーブル項目追加の方法の記事を書きます。これで後でデータ項目を変更することができます。

目次

AppSheetで仮想列ではない項目を追加する

 AppSheetでとにかく何かを作ってみたとします。スプレッドシートからAppSheetの生成をするだけです。これだけで、リストアップや検索、追加や削除などにも対応しているので、すでに完成感があります。

あわせて読みたい
[初めてのAppSheet]何から始めれば良いか分からない ノーコードでおなじみのAppSheetを使ってみたい人は多いでしょう。今回は、何から始めればいいのかの記事を書きます。これでちょっとしたアプリを作ってみることができます。

 そこから、カスタムを始めるわけです。例えば、下記のようなテーブルを元にAppSheetでアプリを作る。

 そうすると下記のようなアプリが生成されます。これは、国語の点数一覧なのですが、算数の点数も追加したいとします。この時にAppSheetの左のメニューのDataから上部のColumnsタブを選ぶ。対象のシートにColumnを追加したいところですが、仮想項目を追加できるものの、実態のある列が追加できない。

スプレッドシートの更新とAppSheetの操作が必要

 さて、そんな時ですがスプレッドシートに下記のように「数学」の列を追加します。これで元データは更新されるのですが、AppSheetの方には反映されません。

 スプレッドシートの更新が終わったら、AppSheetに戻ります。左のメニューのDataから上部のColumnsタブを選ぶ。そして、ターゲットとなるシートを開きます。

 そして、右上の「Regenerate Structure」のボタンを押します。

 確認ウィンドウが表示されるので、「Regenerate」を選びます

 下記のように数学の項目が追加されましたら、対応完了です。

View Typeを変更すると更新結果が確認しやすくなります

 データを更新して、表示を見ても下記の場合に何も変わりません。実際には下記のようにデータ項目を選択して頂き・・・

 詳細ウィンドウを表示させると数学の項目が追加されています。

 この場合にも左のメニューのUXからViewsタブを選び、ViewTypeを「table」に変更すると表で見れるようになります。

 保存して表示を見ると下記のようになります。

著:掌田 津耶乃
¥2,475 (2024/04/13 22:09時点 | Amazon調べ)

まとめ

 今回は、AppSheetでテーブル項目追加の方法についての記事を書きました。ポイントをまとめると下記の通りとなります。

  1. AppSheetの項目追加は、AppSheetだけではなく、スプレッドシートの更新も必要
  2. スプレッドシート更新後にAppSheetでColumnsに「Regenerate」の操作を行う
  3. デフォルトの表示では項目追加表示がされないこともあるので、View typeも変更必要

 つまり、AppSheetに項目追加するにはスプレッドシートの更新が必要です。そのあとで、AppSheetでRegenerateしましょう!

 AppSheetに興味がある人は、下記の記事もチェックしてください。

Let's Try Anyway
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次