【Raspberry Pi】Raspberry piの解像度変更と四隅の黒枠を消す

 

Raspberry Piのモニターを変えてみました。
すると、解像度設定が上手く行かない。
そういえば、GUIでディスプレイの項目に設定があったはず・・・。
と思ってみてみると、ない!!

 

という事で、テキストファイルをいじって設定を変えたいと思います。
どうやら、1280×720(HD)になっている模様。
モニターは1920×1080(Full-HD)なので、すこしぼやけて見える。。
さて、編集するのは下記のファイルです。

$sudo nano /boot/config.txt

そうすると下記のファイルが開きます。
下の方にカーソルを動かしていきます。

で、見つけるべきは・・・
#framebuffer width=1280
#framebuffer height=720
です。

#でコメントアウトされていますので、#を消して、数値を書き換えます。
framebuffer width=1920
framebuffer height=1080

上記のように入力したら、同じくCtrl+Oで保存、EnterCtrl+Xで終了です。
再起動後に解像度が変わります。

 

あともう一つ。
画面の四隅に黒い枠が出る。
これは、Raspberry のアイコンから「設定」の中にある「Raspberry Piの設定」を選びます。

そうすると出てくるのが下記のウィンドウ。
そこで、「ディスプレイ」のタブを選びます。

ディスプレイの画面でオーバースキャンが「有効」になっているならば、「無効」に変えます。
そして、「OK」を選びます。
これで、Raspberry Piの再起動後には黒い四隅のエリアはなくなり、広く画面が使えるようになります。

 

【Raspberry Pi】Raspberry piの起動時にNumLockを有効にする
https://aoi345.com/memorandum/raspberry-pi-numlock/

【Raspberry Pi】Raspberry piの起動時にNumLockを有効にする