[得する楽天ふるさと納税]限界まで楽天ポイントを貰う方法と獲得条件を調査

楽天ふるさと納税で最も得にポイント獲得したいと考えている人は多いのではないでしょうか?
そこで今回は、楽天ポイントについての記事を書かせていただきます。
皆様のご参考になれば幸いです。

楽天ふるさと納税の前に楽天SPUの基本を学ぶ

楽天ポイントの基礎となる楽天SPUのおさらいから始めます。
まず楽天市場は通常で1%のポイント還元があります。
これに追加でポイントを獲得できるのがSPUです。

具体的には下記があります。

楽天モバイル(回線契約):+2%
楽天モバイル(回線契約)+ダイヤモンド会員:+1%

楽天モバイル+キャリア決済(Google Play 2000円以上):+0.5%
楽天ひかり(回線契約):+1%
楽天カード(保有):+2%
楽天プレミアムカード(保有):+2%
楽天銀行+楽天カード(引き落とし):+0.5%
楽天銀行+楽天カード(給料受取):+0.5%

楽天証券(3万以上のポイント投資、投資信託):+0.5%
楽天証券(3万以上のポイント投資、米国株):+0.5%
楽天ウォレット(暗号資産3万円以上の暗号資産):+0.5%
楽天トラベル(5000円以上の利用):+1%
楽天市場アプリ(アプリ経由):+0.5%
楽天ブックス(1000円以上):+0.5%
楽天Kobo(1000円以上):+0.5%
楽天Pahsha(300ポイント、10回):+0.5%
楽天Fashion(1回購入):+0.5%
楽天ビューティー(3000円以上の利用):+0.5%

 

楽天ふるさと納税時に楽天SPUで獲得すべきもの

楽天SPUですが、不要と必須と要検討の3つがあります。
それぞれについて解説します。
上記の表で赤文字が必須、黒文字+マーカーが要検討です。

楽天SPUで不要なもの(+6.0%)

キャリア決済ですが、Googleアプリ課金で2,000円が無駄なので無し。
楽天プレミアムカードは年会費11,000円が+2%(年間50万円)では取り返せない。
楽天証券(米国株)の30,000円のポイント投資は為替と取引手数料でマイナス。
楽天ウォレットは暗号資産の購入自体がナシ。(確定申告も面倒)
楽天KoboはKoboのデータがそもそも要らない。
楽天Pashaは手間が多すぎて時間の無駄。
楽天Fashionは服はユニクロで良い。

楽天SPUで必須のもの(+3.5%)

楽天カードの保有は年会費無料なので良い。

楽天カードでポイント生活はじめよう!

楽天銀行も回折無料で、引き落としと給料振込に設定だけで良い。
楽天アプリを使って購入すればよい。
→楽天ふるさと納税は11/17~は「ラクマアプリ」がオススメ
https://news.fril.jp/entry/2022/10/17/service

楽天SPUで要検討のもの(+6.5%)

楽天モバイルはダイヤモンド会員なら+3%で楽天ふるさと納税10万なら3000ポイント。
楽天モバイルをメインにできるエリアに住んでいれば検討できる。
楽天での利用が年間30万あるなら9000ポイントと効果は大きい。

楽天ひかりは楽天モバイルと併用で1年が無料。
マンションで月額4200円とネット回線としても高くない。
キャンペーンハンターとして、楽天ひかりを使う時にも狙える。

楽天証券(投資信託)は楽天証券で投資しているなら寄付月に投資すれば良い。
楽天トラベルはたまたま仕事の出張などがあれば獲得可能。
楽天ブックスはちょうど欲しい本があるなら買えば良い。
楽天ビューティーはよく行く美容院が対応しているなら使えばよい。
この辺りは自分のタイミングなのでSPUを集中させた月に楽天ふるさと納税が良い。

 

楽天ふるさと納税で狙うべきキャンペーン

上記をまとめると現在の楽天SPUは+5%~+10%が現実的なライン。
しかし、楽天ふるさと納税はSPUだけではありません。
特にスーパーセールかお買い物マラソンを忘れてはいけません。

具体的には下記があります。

スーパーセールかお買い物マラソン:+9%
39ショップエントリー:+1%
毎月5と0のつく日:+2%
勝ったら倍キャンペーン(楽天イーグルス、ヴィッセル神戸):+1%、+1%

 

まずはスーパーセールとお買い物マラソンです。
1000円の買い物を1店舗でするたびに+1%のポイントアップ。
9店舗の利用で+9%になるので、1万円を寄付を9箇所に行えば達成。
寄付額が少ない人は3,000円や5,000円の寄付先を見つけても良いでしょう。

39ショップエントリーは同時開催されることが多いので忘れずエントリー。
毎月5と0のつく日キャンペーンはお買い物マラソン中に1日くらいあるので、そこを狙う。
勝ったら倍キャンペーンは運なので、5と0の日に被ってくれればラッキー程度です。

これで+12%~+14%が獲得できるので、実際は楽天SPUよりも効果が大きい。
基本ポイント1%に加え、楽天SPUで+8.5%、その他で+13%の合計22.5%
このラインまで増やして楽天ふるさと納税を10万すると、22,500ポイントが獲得できる。

期間限定ポイントになるので、使い道も事前に決めて置きましょう。
楽天ペイで期間限定ポイントも使えるので、普段のコンビニや外食で利用が節約になりお勧めです。
贅沢品や不要なものを買うのであれば、節約効果はゼロになります。

 

まとめ

今回は、「楽天ふるさと納税のためのポイント」についての記事を書かせていただきました。
今回の記事のポイントをまとめると下記の通りとなります。

①楽天SPUは仕組みを知って手間とコストの少ないものを獲得
②楽天SPU以外のキャンペーンが非常に重要
③楽天ふるさと納税のポイントは期間限定なので使い道も事前検討

 

つまり、楽天ふるさと納税を行う場合には集中して寄附を行うのがおすすめです。
そのため、自分の年間寄付額を事前に計算するようにしましょう!

ふるさと納税に興味がある人は、下記の記事もあわせてチェックしてみてください。

 

【ふるさと納税】納税額の控除上限が配当金で増えるのか?を調査してみました。
https://aoi345.com/finacial-independenc/tax/

【ふるさと納税】納税額の控除上限が配当金で増えるのか?を調査してみました。