[クレジット5%還元]三井住友カードプラチナプリファードつみたて投資@損益分岐点は30万、無料ゴールド200万

プラチナプリファードカードを申し込みたいと考えている人は多いのではないでしょうか?
そこで今回は、新たな損益分岐点についての記事を書かせていただきます。
皆様のご参考になれば幸いです。

三井住友カード プラチナプリファード

目次

【プラチナプリファード】三井住友カードつみたて投資・ふるさと納税還元率引き上げのご案内

三井住友カードから下記のメールが届きました。
【プラチナプリファード】三井住友カードつみたて投資・ふるさと納税還元率引き上げのご案内

平素はプラチナプリファードをご利用いただき、ありがとうございます。
12月11日(日)積立設定分より、三井住友カードつみたて投資のポイント還元率が2.0%から5.0%となります。

 

■三井住友カードつみたて投資ポイント還元率引き上げのご案内
三井住友カードつみたて投資のポイント還元率を2.0%から5.0%に引き上げました。
三井住友カード プラチナプリファードで日常利用をお得に。

変更日
2022年12月11日(日)積立設定分から
※2022年12月10日(土)積立設定分まではポイント還元率が2.0%になります。

ポイント還元率
5.0%還元

注意事項
・毎月の積立額の上限は5万円です。
・三井住友カードつみたて投資のご利用金額は、プラチナプリファードの新規入会&利用特典、継続特典の付与条件であるご利用金額の集計対象とはなりません。

 

 

プラチナプリファードの凄すぎるつみたてNISA改善

三井住友カード プラチナプリファードの改善です。
クレジットカードは改悪ばっかりだったのですが、改善とは非常に珍しい。
つみたてNISAを含むクレジットカード投資信託は上限5万円まで実施は必ずしましょう。

年間60万円の投資で5%の還元があるとすると年間30,000ポイント。
年会費が33,000円なので、ポイントで年会費のほとんどを還元させることができます。

無料のゴールドカードと比べると年間300万がお得のラインでしたが、年間200万円でも逆転。
つみたてNISAのクレジットつみたての効果があまりにも大きすぎます。
それを前提とすると年間30万円の利用で、実質無料になります。

三井住友カード プラチナプリファード

 

無料のゴールドカードと比較してどちらがお得になるか?

うみたてNISAを上限の月5万円を前提とします。
プリファードストアの利用は一切ないとします。
それを前提として、プラチナプリファードと無料のゴールドカードのどちらがお得かを比較します。

プラチナプリファード
利用 ポイント付与 費用 利益
カード
利用額
つみたて
NISA
通常ポイント つみたて
NISA
継続特典 合計
30万 60万 3000 30000 0 33000 33000 0
50万 60万 5000 30000 0 35000 33000 2000
100万 60万 10000 30000 10000 50000 33000 17000
150万 60万 15000 30000 10000 55000 33000 22000
200万 60万 20000 30000 20000 70000 33000 37000
250万 60万 25000 30000 20000 75000 33000 42000
300万 60万 30000 30000 30000 90000 33000 57000
350万 60万 35000 30000 30000 95000 33000 62000
400万 60万 40000 30000 40000 110000 33000 77000

 

ゴールドカード(無料化後)
利用 ポイント付与 費用 利益
カード
利用額
つみたて
NISA
通常ポイント つみたて
NISA
継続特典 合計
50万 60万 2500 12000 0 14500 0 14500
100万 60万 5000 12000 10000 27000 0 27000
150万 60万 7500 12000 10000 29500 0 29500
200万 60万 10000 12000 10000 32000 0 32000
250万 60万 12500 12000 10000 34500 0 34500
300万 60万 15000 12000 10000 37000 0 37000
350万 60万 17500 12000 10000 39500 0 39500
400万 60万 20000 12000 10000 42000 0 42000

 

選択すべきカード
カード利用額 利益 選択肢
プラチナプリファード ゴールド
50万 2000 14500 ゴールド
100万 17000 27000 ゴールド
150万 22000 29500 ゴールド
200万 37000 32000 プラチナプリファード
250万 42000 34500 プラチナプリファード
300万 57000 37000
プラチナプリファード
350万 62000 39500
プラチナプリファード
400万 77000 42000
プラチナプリファード

 

まとめ

今回は、「新たな損益分岐点」についての記事を書かせていただきました。
今回の記事のポイントをまとめると下記の通りとなります。

①つみたてNISAのクレジット積み立てだけで年間30000ポイントが確定
②年間30万の利用で年会費の回収も完了
③無料化したゴールドカードよりも年間200万の利用があればお得になる

 

つまり、クレジットつみたてを行うの場合にはプラチナプリファードにアップグレードするのがおすすめです。
そのため、投資資金を捻出ために節約するようにしましょう!

三井住友カード プラチナプリファードに興味がある人は、下記の記事もあわせてチェックしてみてください。

三井住友カード プラチナプリファード

 

[三井住友プラチナプリファード損益分岐点300万円]三井住友カードノーマルNLやゴールドNL(有料、無料)との比較
https://aoi345.com/finacial-independenc/pratinum/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次