[三井住友プラチナプリファード損益分岐点]ゴールドNL比較や違い@三井住友カード口コミと特約店の評判

三井住友NLゴールドのお得上限が気になる人は多いのではないでしょうか?
そこで今回は、三井住友NLプラチナプリファードについての記事を書かせていただきます。
皆様のご参考になれば幸いです。

目次

三井住友NLプラチナプリファードカード

三井住友NLゴールドカードは通常は0.5%ポイント還元のカードです。
しかし、年間100万円の買い物で1万ポイントがもらえます。
そのため、年間100万円ちょうどの場合にはどこで使っても1.5%還元になります。

さらに、セブンイレブン・マクドナルド・サイゼリア・はま寿司などで5%還元。(タッチ決済)
さらに選んだお店では0.5%プラスの1%の還元。
私の場合にはライフやクリエイトなどを選んでいます。

しかし、気になるのが年間100万円が最もお得という事。
その問題を解決してくれるのが「プラチナプリファード」です。
ポイント特化型プラチナカードと紹介されています。

三井住友カード プラチナプリファード

 

プラチナプリファードをおススメする3つの理由

なぜ、プラチナプリファードがおススメなのでしょうか?
これに関しては、下記の3つの理由が考えられます。

①ポイント還元率1%
②継続特典最大40,000ポイント
③プリファードストア(特約店)

 

ポイント還元率1%

三井住友NLゴールド―カードは上述の通りで0.5%の還元です。
一方で、三井住友NLプラチナプリファードはお店を選ばずに1%の還元
他の高還元カードと同じ還元率になります。

継続特典最大40,000ポイント

さらにプラスアルファが100万円毎に1万ポイント。
200万円なら2万ポイントと+1%相当になり、どこでも2%還元になります。
最大で年間400万円なので、普通に他のカードと併用をする必要がなくなります。

プリファードストア(特約店)

ゴールドカードと同じくライフなどのスーパーやクリエイトなどドラッグストアで+1%
お店を3店舗に制限されず、タッチレス決済にも制限されません。
Expediaで+9%、GoTixiで+4%などゴールドにない特典も魅力です。

プリファードストア(特約店)一覧
https://www.smbc-card.com/mem/platinum-preferred/special-store/index.jsp

 

年会費が発生することが最大のデメリット

三井住友NLプラチナプリファードカードは年会費が0円になりません。
年会費33,000円が必要です。
これが私が今まで手を出さなかった最大の理由です。

しかし、ご入会月の3ヵ月後末までに40万円以上のご利用でプラス40,000ポイントをプレゼント
クレジットカードのヘビーユーザーなら達成は可能。
そのため、実質的に初年度分は無料にできます。

さらに、SBI証券のつみたてポイント還元率も1%から2%に増えます。
月額上限5万円を積み立て、ゴールドカードと比べて1%の差なので年間6,000円が取り戻せます。
これで33,000-6,000=27,000円です。

 

年間いくらから無料ゴールドカードよりお得?

三井住友NLゴールドカードは無料化することができます。
SBI証券のつみたてポイント還元率をしているとして残り、年間27,000円
これがその他のポイント還元で取り戻せるかがポイントです。

普通に27,000円だとゴールドカードとのポイント還元の差は0.5%なので540万円になります。
ここにさらに、100万円で1万ポイントのボーナスでゴールドカードなら終了。
プラチナプリファードなら200万、300万、400万で各1万ポイントがもらえます。

年間200万円の場合、プラチナプリファードは通常ポイントの差でゴールドより1万ポイント増加。
更に200万円達成で1万ポイントのボーナス。
年間27,000円分の差は7000円までに縮まります

年間300万円の場合、プラチナプリファードは通常ポイントの差でゴールドより5000ポイント増加。
更に300万円達成で1万ポイントのボーナス。
7000円の差額に15000ポイントになり、ゴールドカードより8000円相当お得になりました。

年間300万円達成のポイントを得るまでは年会費無料のゴールドカードの方がお得。
ゴールドカードからプラチナプリファードに切替は、年間利用額が300万円を超えた場合です。
月額換算で25万円ですので、けっこうな金額です。

三井住友カード プラチナプリファード

 

プラチナプリファードカードの注意点

プラチナプリファードカードは、ポイント特化型のカードです。
プラチナでありながら、プライオリティパスは付与されません
プラチナカードは付与されるのですが、ポイントが1%に増加しません。
(プラチナは年会費55,000円)

また、国際ブランドはマスターはなくVISAのみです。
これはVISAの方が良いので特に問題ないでしょう。

海外利用は100円毎に2%のプラスポイントがあります。
海外で利用することが多い人には更にお得です。

ポイント自体が1%にパワーアップ、年間400万円まで100万円毎に1万ポイント。
この部分が基本的に強力で恩恵を受けれるならばゴールドカードからの切り替えはおすすめ。
そこにプリファードストアでの利用があるならば、ゴールドカードより圧倒的にお得です。

 

まとめ

今回は、「三井住友NLプラチナプリファード」についての記事を書かせていただきました。
今回の記事のポイントをまとめると下記の通りとなります。

①年会費はあるが、基本ポイントと継続特典が上がるのがお得
②SBI証券で投信積み立てのポイントもアップ
③年間300万円で無料ゴールドカードよりお得になる

 

つまり、クレジットが年間300万円以上の場合にはプラチナプリファードがおすすめです。
そのため、クレジットの決済をを三井住友カード集約するようにしましょう!

三井住友カードに興味がある人は、下記の記事もあわせてチェックしてみてください。

三井住友カード プラチナプリファード

 

[還元率]お店を選ばずどこでも獲得できる請求額還元クレジットカード選び
https://aoi345.com/finacial-independenc/credit-card/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次