旅行費を株式投資で稼げないか試みる!Go To Travel(Go To トラベル) 東京解禁。

Go To トラベルの東京追加で解禁ムード

 

Go To トラベルに東京が加わって、勢いが増してきたようです。
東京へ、東京からの旅行者が多いので当然ですが、それによる他の地域も含めた旅行に行って良い感が大きいように思います。

Go To トラベルと言えば、定率還元なので旅行額が大きいほどお得になる金額も大きいです。
そしてその上限が、1泊辺り20000円まで。
支払額で言うと1泊40000円まで。

この水準は当然ながら高級ホテルです。
そう考えれば、半額の今だからこそ高級ホテルへの宿泊をしたいという旅行がメインになる訳です。
半額でもそれなりに金額は高いので、お金持ちが主なターゲットでしょう。

お金が無くて使えない人、お金があるのに使わない人、お金があって使う人。
どう考えても消費で経済を活性化させるには「お金があるのに使わない人」にお金を使ってもらうしかない。

東京からの旅行先で近場だと箱根とか日光が人気でしょうか。
北海道や沖縄、金沢、京都などは東京からだと割と遠くて、交通費が高い。
一泊で手軽にいくにはもったいない。

で、その箱根とか日光、または東京の人が都内で過ごすパターンでの投資先を考えてみると以前にも紹介した藤田観光は株価が落ちっぱなしなのでおススメです。
さっそく、Go To トラベルの影響で株価が上がり始めています。

 

Go To トラベルの旅費を株式投資で稼ぎたい

 

じゃあ、藤田観光に全力投資!と行きたいところですが、回復が遅れているのにはとうぜん理由があります。
これはコロナに関係なく、2019年12月期はそもそも赤字。
利益剰余金はマイナス、有利子負債はいっぱい。

コロナとか関係なく、倒産寸前と言える状況の会社です。
そこにコロナですがら、非常に苦しい。
自己資本比率は10%を切っている状況。

コロナの影響でお金が借りやすくなっているとはいえ、恐れるべきは「公募増資」です。
たとえ業績が回復基調だとしても、増資されれば株の価値は下がり株価が落ちます。
増資が少しなら良いですがそれでは効果が薄い、
大量に増資される恐れがあります。

箱根の物件もそうですが、東京都内の一等地に物件を持っているのが、ここまで資金が少ないのに借金できている理由でしょう。
これらを売却すれば資金調達ができます。
しかし、このGo To でようやく復活しそうなのでそれはないでしょう。

Go To トラベルの恩恵は各自に受ける。
その影響は絶大。
だけど、もともとの業績が悪すぎる。
だから、手を出すにも大量に手を出すのはお勧めできません
手を出すにしてもほどほどにしておきましょう

Go Toトラベルで星野リゾートとかも行ってみたいのですが、星野リゾートまで行くと一泊一人10万コース。(料理別)
2万円の割引(4万円が旅費の上限)なので8万円+食事代。
3人家族なら30万+食事代。
このレベルまで行っちゃうとGo To トラベルもありがたみが少ないですね。

各地域の有名な旅館やホテルでも一泊3~4万くらいなので、交通費セットツアーでGo To トラベルの恩恵を最大に受けれる。
それくらいがちょうど良いですね。
通常価格では行く気しないので、今だけの旅行先として。