バークシャーハサウェイ(子会社)による日本の商社株の購入。意外と歴史的な出来事。

日本の株式市場としては意外と歴史的な出来事。
バークシャーハサウェイ(子会社)による日本の商社株の購入。

商社と言えば、海外にはない事業。
自分たちで事業をせずに、物を右から左に流すだけ。
その手数料を取るというビジネスモデル。

という事で、会社としては付加価値を提供していない。
海外からみると価値のないビジネス

そんな商社に世界一の投資家ウォーレンバフェットが目を付けた。
そして、時価総額の5%の株を購入。
日本の個別銘柄の投資というだけでも驚き。
それが、商社と来て、さらに主要5商社のすべて。。
かなりのサプライズです。

で、なんでだろう?と考えてみる。
まず一つ目。
バフェットはコロナの影響で航空株や金融株を手放し現金があった。
それをどこに投資するか悩んでいたことだろう。
そして、IT嫌いなのにアップル株を買うなど方針も変わっている。

アメリカの株価は絶好調。
という事は、投資先としては良くない。
だからこそ、割安の銘柄を探す。
そして、日本の商社は海外投資家の評価が低いから割安だった。

で、あと商社に対する勘違いがある。
と言うのも、伊藤忠はファミリーマートを完全子会社化。
ローソンは三菱商事の子会社。
商社は実ビジネスにも資本と言う形で手を出しているという事。

実際には付加価値を生んでいないという事はない。
流通業から投資業に変わっているという実態がある。

そして、バフェットの会社、バークシャーハサウェイ。
繊維会社だった。
バフェットの最大の失敗事業と言えそうなのが、バークシャーハサウェイ。
そして、投資会社に転身して成功している。

商社の内で勝ち組になりそうな商社を選んで投資ならなんとなく変わる。
しかし、全ての商社を5%づつと言うのがすごい。。
日本の企業であまり情報分析はできなかったけど、商社のビジネスは過小評価されすぎているという認識でしょう。
商社は全般的に高配当なので、長期投資先として、それも良いのかもしれません。