なぜ、フリマサイトの出品を副業と言ってしまう人がいるのだろうか・・・・それは浪費の結果ではっ!?

不要品をフリマサイトに出品して、売ると言う副業。
いや、これは副業ではない
使わないものが売れるならそれに越したことはなく、売り払ったほうがいい。

が、その売り物が大量にあるのは浪費というのが問題。
もそもフリマで売るには送料と手数料、梱包を考えると300円以上で売れるものに限定される。
500円で売れるとする。
それは1000円程度で買ったとする。
500円から送料などを引いて、残るのは200円。

これが、サイズが大きいと送料200円が400円、800円となる。
厚みが4.7cm以下でないならば、送料も含めて1000円程度の費用がかかる。
そう考えると中古で1000円以上で売れるもの。

これが副業レベルで大量に存在する状況って、かなり無駄遣いしていないとありえない。
しかも、購入価格より下がり、手数料も引かれる。
そして、浪費家の人はそのお金をフリマサイトで浪費する。。
ということで、よほどの転売できるほどの仕入れ能力がない限りは副業ではなく、ただの浪費だと思います。。

とは言え、誰にでも浪費はしてしまうことがある。
の損失を減らすことができるという点ではフリマサイトはおススメです。
重要なのは、フリマサイトで売ってえたお金は「儲け」ではなく「損失の一部返金」だという認識を持つこと。
そして、それを浪費しないことです。
まぁ、それを上手く浪費させるために出金手数料を取ってフリマサイト内でお金を循環させる仕組みになっているのですが・・・。