メルカリの送料変更。ちょっとうれしい変更でラクマの売れ残りはメルカリも活用したい!

メルカリが来月から送料変更を行います。
ヤマトのらくらくメルカリ便(ネコポス、セブンイレブン)は20円値下げ175円、郵便局のゆうゆうメルカリ便は25円値上げ200円。
セブンイレブンを利用したい私にとっては、実質の送料の値下げです。

さらにらくらくメルカリ便(ネコポス)で厚みが2.5cmまでが3cmまでにアップ
今まではゆうゆうメルカリ便じゃないとダメだったハードカバーの本なども送れるようになります。
ただし、縦横の許容サイズは変わらないのでA4が入る角2号の封筒のサイズオーバーは変わらず。
らくらくメルカリ便(ネコポス)は折り曲げるか、角3号まで。

ラクマと比べると、ラクマはかんたんラクマパックのヤマト(ファミリーマート)が200円、郵便局(ローソン)179円。
メルカリでセブンイレブンで出すほうが4円ほど送料が安くなります。

とは言え、3.85%の手数料のラクマと10%のメルカリでは大きな差がある。
しかし、メルカリの方が売れやすいというメリットはあります。
そのため、ラクマで売れ残った商品をメルカリで販売と言う事はできます。
売りなおす手間が面倒くさいですが・・・。

で、ラクマで出品していた本をメルカリに出しなおしました。
すると早速1冊の本が販売完了。
値段もむしろ下げていたのを元に戻したくらいなので、売る値段が上がった分の方が手数料の差よりも大きいので成功でした。
ゲームソフトなどのラクマでも売れる商品は手数料が勝負なので、ラクマ一択。
売れ残りはメルカリにするしかない。
ラクマで出品して、大きな値下げをするよりも素直にメルカリに出しなおすほうが良さそうです。

私にとってのメリットはセブンイレブンが近いのでメルカリの方が出品が楽なこと。
ローソンを行くのはそれなりに面倒くさいです。
ずっと出品していて、都合の悪い時に売れたりすると最悪です。
売れるなら売れるで、さっさと売れちゃう方が良いですね。

最近見かけたネットの記事で安いものを売るなっていうのがありましたが、確かにその通り。
下限の300円で出品した本もローソンまでもって行って送料179円で残りが121円。
さらにそこから梱包材で20円くらいかかって、残り100円。
メルカリなら手数料30円、ラクマで10円。
さらに残りが70円か90円。

出品がいくら楽と言っても・・・
①写真を撮る。3枚ほど。
②バーコードを読み込む。
③特記事項があれば記載。
④売れるのをチェック。
⑤売れたら出品物を梱包。
⑥ローソンまで持っていて配送手続き、連絡。
⑦評価を待ちつつ、評価されたら評価。

それなりに手間がかかります。
複数を同時に処理したとしても1つの商品で15分~30分。
90円の利益で30分なら、時給180円
ちょっと辛すぎるレベル。

これは300円で出品した場合。
400円で出品なら200円-15円=185円の利益
時給換算で390円
これでも東京の最低賃金1000円以下ですが、自由な時間にできる。
そういう意味ではギリギリでしょうか。

300円とかの出品の場合には、手を抜いてマイナス評価にでもなったら悲しすぎます。
やっぱり、500円以上かせめて400円以上でないと流石にやる意味が低すぎますね。(エコくらい・・・)