[財布に入れるカード厳選]ミニマリストが財布に入れるカード厳選7枚

ポイントカードを入れすぎて財布が財布がパンパンになっている人は多いのではないでしょうか?
そこで今回は、財布に入れるカードの選別についての記事を書かせていただきます。
皆様のご参考になれば幸いです。

財布に入れるカードを7枚に絞れ!

あなたの財布にはカードが何枚入るでしょうか?
長財布を想定して、左右に分かれて入れられる財布だと10枚。
そして、片方だけにカードを入れられる財布だと7枚程度(ISIT カブラ等)でしょう。

中には、20枚近くカードが入れられることを売りにした財布などもあります。
しかし、ポイントカードはお金を使う時に使うので、カードを使うほどお金は減っていきます。
そのため、カードに合わせて財布を選ぶのではなく、財布に合わせてカードを減らしましょう。

カード入れに入らないカードを仕切りのないエリアに入れ始めると、際限なく入れられます。
病院などの目的を持って行く場所で、数か月に1度程度しか使わないのであれば、必要な時だけ持てば良いのです。
多すぎるポイントカードでポイントが分散すると貯まらないので、結果的に意味がないです。

カードを厳選したときに実質的に選べるのは3枚のみ

さて、7枚に財布に入れるカードを絞った時ですが、誰しもが最低限持っておくカードがあります。
具体的に記載すると下記の4枚です。

①免許証(または身分証明書)
②健康保険書
③メイン銀行のカード
④メインのクレジットカード

 

さて、これらのカードを財布に入れるとなると残りは3枚です。
この場所にどんなカードを入れるか?が今回のメインテーマです。

上記の4つのカードに交通系ICカードを入れていないのは、財布から出し入れするカードとして考えていないからです。
私の場合ですと、スマホのケースに入れて直ぐに使えるようにしています。
さて、それでは残りの3枚について私のチョイスを書いていきます。

1つ目のカード 家の鍵

余り少ないと思うのですが、私の家はカード式の鍵になっています。
そのため、家のカード鍵を財布に入れることが必須で、これによって3つの内の1枚が使用されます。
カード式の鍵は、財布以外に鍵を持ち歩くことが不要になるので、意外と便利ではあります。

2つ目のカード クオカード

私は株式優待が大好きで、特にクオカードが年間40万円くらい届きます。
どこのコンビニでも使えるため、いつでも持っておく必要があります。
クオカードの代わりに、nanacoなどの最寄りのコンビニで使える電子マネーカードなどを持つのも良いかもしれません。

3つ目のカード サブのクレジットカード

最後の1つとして選択したのが、サブのクレジットカードです。
私のメインは三井住友ゴールドカードで、サブカードは楽天ノーマルカード(楽天ふるさと納税のために必須)です。
と言うのも、三井住友ゴールドは年間100万まではお得なのですが、それ以降はイマイチなので使用するカードを切り替えるからです。

三井住友カード

残り3枚で足りないと感じる人にオススメの方法

私の場合はポイントカードは一切入れませんでした。
しかし、正直なところTポイントカードを入れるかは悩みました。
TSUTAYAでレンタルするからではなく、Tポイントはカード現物のみ対応店舗が多いからです。

楽天ポイントカード(クレジットに付随しているので結果的に持ち歩いていますが)やdポイントなどは大抵の店でアプリでもOKです。
Tポイントは古くから対応させている店が多いからなのか、アプリのコートが読めない店が多い。
しかし、今どきは複数のポイントに対応している店が多いので、活躍する機会はすくないでしょう。

家電量販店のビックカメラやヨドバシカメラはポイント還元率が多いので、ポイントは絶対貰いたいですが、こちらもアプリで良いです。
大手のヤマダ電機も同様です。
Tポイント、楽天ポイント、dポイント、Pontaポイントなど全てアプリにしてカードを持ち歩くのは止めましょう。(ネットショップとクレジットカード以外のポイントは捨てても良い)

まとめ

今回は、「財布に入れる7枚の厳選カード」についての記事を書かせていただきました。
今回の記事のポイントをまとめると下記の通りとなります。

①持ち歩くカードはできる限り減らす
②銀行やクレジットなど必須のカードがあるので自由な選択肢は少ない
③ポイントカードは持ち歩かずに、アプリで対応

 

つまり、財布にカードを入れる場合には7枚に抑えるのがおすすめです。
そのため、必須ではないカードをリストラするようにしましょう!

QRコード決済に興味がある人は、下記の記事もあわせてチェックしてみてください。

 

QRコード決済とクレジットカードのキャッシュレスの最強の使い分け方法を検討してみる
https://aoi345.com/finacial-independenc/qr-best/

QRコード決済とクレジットカードのキャッシュレスの最強の使い分け方法を検討してみる。