FIRE後の従業員が自分だけのマイクロ法人で社会保険料を削減

 FIRE後の社会保険料を抑えたい人は多いでしょう。今回は、FIRE後にマイクロ法人で社会保険料を削減の記事を書きます。これで安心してFIREすることができます。

  1. マイクロ法人で自分自身を雇用
  2. 給料は社会保険料が最低限になるように調整
  3. 報酬以外の方法で支払う
目次

給料を抑えて厚生年金を抑える方法


 FIRE後の従業員が自分だけのマイクロ法人を運営する場合、社会保険料を削減し、特に給料を抑えて厚生年金を抑える方法はいくつかあります。以下では、それらの方法について詳しく説明します。

フリーランスや契約労働者の雇用

 マイクロ法人が社会保険料を削減する方法の1つは、従業員をフリーランスや契約労働者として雇用することです。この場合、従業員は自己雇用と見なされ、通常の従業員と比較して社会保険料の負担が軽減されます。厚生年金の支払いは従業員の責任になります。ただし、雇用形態をフリーランスや契約労働者にする場合は、労働法や税法の規定を遵守する必要があります。

あおい(管理人)

自分自身を従業員というか役員にして、給料を支払いましょう

報酬の一部を給与以外の形で支払う

 従業員の報酬を給与以外の形で支払うことで、厚生年金の負担を抑えることができます。例えば、業績に応じたボーナスやインセンティブ、福利厚生の提供、さらには株式やオプションの付与などの方法が考えられます。これにより、従業員の給与負担を減らし、経費を削減することができます。

従業員の給与水準を最低限に抑える

 従業員の給与水準を最低限に抑えることで、厚生年金の負担を削減できます。この場合、市場価値に対して低い給与水準で従業員を雇用することが重要です。また、給与水準を抑える一方で、その代わりに福利厚生や労働条件の改善など、他の手段で従業員の満足度を向上させることも重要です。

あおい(管理人)

給料所得控除は年間55万円。これと同じ金額までの給料は控除で所得が0円になります。

厚生年金の選択肢を最適化する

 厚生年金の選択肢を最適化することで、社会保険料を抑えることができます。具体的には、最低限の厚生年金制度に加入するか、自己負担分を最小限に抑えるような制度を選択することが考えられます。また、厚生年金の選択肢や支払い条件を定期的に見直し、最適な選択肢を選ぶことも重要です。

あおい(管理人)

会社に確定拠出年金があれば、節税投資枠の上限を引き上げられます。
60歳まで引き出せなくなりますが。。

自己負担の最適化

 厚生年金制度における自己負担分を最適化することで、社会保険料を抑えることができます。具体的には、自己負担分を最小限に抑える支払い方法を選択したり、自己負担分を支払う際の税制優遇措置を利用したりすることが挙げられます。

FIRE後の従業員が自分だけのマイクロ法人を運営

 FIRE後の従業員が自分だけのマイクロ法人を運営する際に、給料を抑えて厚生年金を抑える方法はいくつかあります。フリーランスや契約労働者の雇用、報酬の一部を給与以外の形で支払う、給与水準を最低限に抑える、厚生年金の選択肢を最適化する、自己負担の最適化などがその例です。これらの方法を組み合わせ、法的規制や従業員の満足度を考慮しながら、社会保険料を最小限に抑えることが重要です。

まとめ

 今回は、FIRE後にマイクロ法人で社会保険料を削減についての記事を書きました。ポイントをまとめると下記の通りとなります。

  1. マイクロ法人で自分自身を雇用
  2. 給料は社会保険料が最低限になるように調整
  3. 報酬以外の方法で支払う

 つまり、FIRE後にうまく節税するには給料所得控除枠の活用がおすすめです。そのため、マイクロ法人を設立しましょう!

 マイクロ法人に興味がある人は、下記の記事もチェックしてください。

あわせて読みたい
FIRE後節税の究極形!マイクロ法人による社会保険料削減 FIRE後の支出を最大限削減したい人は多いでしょう。今回は、FIRE後の税金総額とマイクロ法人の記事を書きます。これで自分に合った節税方法を選択することができます。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次