【プレFIRE】経済的自立により早期退職を達成できない状況でも得られるメリット

 

FIRE(経済的独立、早期退職)を目指していると、達成はできないまでもその途中でも恩恵はある。
無理なくFIREするのに必要な金額を純資産1.5憶と定義。

その途中で純資産1000万、5000万、8000万、1億とステップがある。
そのステップごとに感じるものがある。
FIRE手前のプレFIRE状態です。

 

まずは、1000万
これを達成するという事はお金の貯まる体質ができているという事。
つまり、これを達成できるとそれを続けることで3000万に達成しやすい。(若いうちに達成できた場合ですが…)

そんな1000万を貯めると、しっかり貯蓄がある感を味わえる。
100万とかだとボーナスとかで達成する額だったりするのですが、1000万は届かない。
ちゃんと、貯蓄しないと届かない額です。
だから、これを下回りたくない気持ちも生まれて、逆に無駄遣いが減ります。
そして、何かあったときに大抵の事は最悪でもお金で解決できるという状況になります。

特に3000万のアッパーマス層ラインを超えるとこの状況が安定します。
それは国民健康保険や自動車保険などは必要なものの、医療保険や生命保険などを解約できることも意味します。
つまり、その点で更にお金が貯めやすくなるわけです。

 

次が、5000万
これの少し手前くらいから感じる一般的な人よりも多く貯めているという実感。
何しろ「純富裕層」と呼ばれるラインです。

この資産額になると資産増加が「収入」によるものだけではなく「運用」によるものも大きくなってきます。
世帯年収1000万でも手取り年収700万・・・。
そして、年500万は消費に使うと残りは200万
それを頑張って節約して年に300万を貯めることを積み重ねてきたわけです。

一方で、5000万をFIRE基準の4%で運用したとする。
そうすると運用益は年200万です。
頑張って節約しても年100万増やすのがやっとだと思いますが、運用益でその倍の200万増えるわけです。
給料からの200万と運用の200万で、年間400万・・・節約を頑張って年500万の体制が確立します。
まぁ、安定的ではないいのですが。。

 

そして、8000万
もうすぐ億り人というところ。

2012年~2015年は、それこそ急速に株価が上がり続けていました。
その後、2021年の現在にいたるまで、チャイナショックやコロナショックなども乗り越え上昇はしていますが、やや弱い。
特に日経平均株価こそ絶好調で来てますが、さらに広い範囲でTOPIXなどを見ていると上昇は鈍い。
だから、私はちょうど、ここでモタついています・・・。

で、このライン。
5000万とほぼ変わらないのですが、ちょっとの違いは1億が見えてきているところ。
運用益が無くても、年300万程度は貯まるので7年後には1億達成ができるわけです。(運用で大きな痛手が無ければですが・・・)

また、8000万を4%運用すると年320万
さらに運用益の割合が増加します。
もはや、こちらの運用の方が資産の増加金額が多くなるレベルです。

更に思うのが「配当金」です。
これが大きい。
私の場合はクオカードを中心とした金券の優待で80万程度。
さらに配当金でで200万程度です。

これ、概ねですが税金を持っていかれても月に20万の収入があるという事です。
給料も貰えるので、いわゆる可処分所得。
だから、今までの節約をある程度維持していれば、いろいろ欲しいものを買いまくってもそれなりに資産が増える状況です。
まぁ、それをしなければもっと早く上を目指せるのですが、まずは経済的独立を達成したいのみで、早期退職は特に考えていない場合はこれが非常に満足感が高いのです。

年収に関しても、無理にきつそうな仕事を選んであげる必要もない。
ある程度の収入は維持するべきではあるけれど、あくまでもストレスフリーで時間的拘束の少ない仕事を選ぶことができる。
そして、欲しいものがあっても無茶ではないような日常の物であれば、月に20万程度入ってくる不労所得で買えるわけです。
完全にFIRE達成していないので、仕事はやめることはできないのですが、それを選ばない前提であれば「非常に自由な環境」を手に入れられるのがプレFIRE状態です。

 

そして、1億
まだ達成してないですがこれのメリットは、1億ある状態で60歳の定年を迎えた時しょう。
最近では年収が半分になって、同じような仕事で雇用延長という選択肢があります。
これを選ばなくてよくなります。

素直に60歳で引退できる。
早期退職をせずに、仕事に関しては定年くらいまでは他にしたいこともないし続けようという人の「ゴールの金額」であると思います。

さらに、もう一つが50歳くらいでリストラされる場合。
今までは団塊ジュニア世代やバブル世代をターゲットにこういうのもありましたが、今後は少子化で老人の手も借りたいほどの労働力不足だし、今の40代前半まではすでに少子化傾向。
だから、可能性は低そうですが、なくもない。

そんな時に1億あれば、最悪働かないという選択があり得ます。
退職するときに早期退職ボーナス(むしろ、これがおいしい場合に狙う事を許されるのもメリット)をもらいつつ、雇用保険を申請するも就職先が見つからず・・・。
そんな時にすでに1億があれば1億2000万程度になる訳で、それが50代であるならば、FIREも可能
こういう、最悪のパターンになった場合に対応できる安心感は1億円ならではでしょうね。
(それより少ない額でも選べなくはないでしょうが、正直、厳しい生活を送るくらいなら働いた方が良いですからね。)

 

【FIREムーブメント】FIREを目指す!FIREしたいが早期リタイアにはいくら必要?
https://aoi345.com/finacial-independenc/fire-how-much/

【FIREムーブメント】FIREを目指す!FIREしたいが早期リタイアにはいくら必要?