デマだろうが何だろうが買いに走るのが合理的な理由。

結局のところの話。
トイレットペーパーの品切れが起こった。
マスクとは違いデマだった。

だから焦って買うなんてバカのすること。
という人がいる。
しかしこれは、買わない理由にはならない

なぜなら買う理由は、メーカーに在庫があるかではなく、店頭に売っていないために買えずに困るから。
自分の持っている分がなくなれば困る。
だから元ネタがデマだろうが、デマが理由でも欲しいものが買えなくなるならば買うのが当然
非常に合理的である。

パニックで在庫が無くなるのが、本当の原因だとして、それをとめるには転売目的などの購入を止める必要がある。
それを対策しないことが悪いと言える。
転売を禁止して罰する。
これは当然として、他国のマスクのように購入数制限をかける。

こう言った対応ができるのであれば、需要が増えたマスクならまだしも、トイレットペーパーは無くならずに済んだ。
デマだというのに未だに店頭にトイレットペーパーが売っていない
これでは、情報源がデマでも買うしかない。
マスクよりも困るので、とても問題。

結局のところ、物流面がボトルネックらしいのだが、いつになったら店頭に並ぶようになるのだろう。。
2月末から、そろそろ一か月が経とうとしている。。