SBIチャレンジポイントを餌にしたソフトバンクのPO。それでも申し込んだら痛い目に合います…

ソフトバンクのPOの募集が開始しております。
けっこう前向きな情報も見かけますが、たぶんダメでしょう。。
IPOと同じ公募割れを予想しています。

総理大臣が菅総理になりそうな時に、携帯電話会社の銘柄は頂けない。
既に株価が落ちていますが、それでも買うべきではないでしょう。

とにかく高配当の6.6%
ただし、配当性向は85%。
これはつまり、業績が落ちたらすぐに減配するってことですね。
JTが配当性向90%だけど7.7%と更に高いですが、こちらも減配待ったなしでしょう。

減配しても高配当利回りには違いないのですが、問題なのはそれで株価が暴落する事でしょう。
無理な配当を出して、それを目当てに買っていた株主が多い。
それが無くなるのであれば当然のごとく保有を継続する意味が無い。
保有し続ける株主がいてもダメージを受けます。

株でインカムゲインとキャピタルゲインのどちらを狙うかと言う話が出ますが、既にお金持ちならインカムゲインでも良いでしょう。
しかし、これから資産1臆を目指そうとしているのでればキャピタルゲインを狙うしかないと思います。
と言うのも、割と高めの配当で3%を狙ったところでコロナみたいなので20%も株価が下落。
それだと7年分が吹っ飛んでしまう訳です。
じゃあ、もう7年待とう・・・と言うような余裕は既にお金を持っている人なら良いでしょうが、これから資産を形成していこうとする人には無理な話でしょう。

収入から投資に回せる金額が年間100万とする。
それでもけっこうな金額なのですが、これを10年分でも1000万。
3%で運用しても30万。
10年で300万。
その間に更に年間100万で2300万。。
20年で2300万では1億達成は無理なわけです。

じゃあ3%ではなく5%を超える配当利回りを狙っていく。
日本株ベースで言うなら、株価が落ちた銘柄が結果的に高配当になっているのが現実。
3%との差の2%よりも株価が落ちていることでしょう。
となると、資産を増やすアイデアとしては無理があります。
だから、インカムゲインでゆっくり増やしたいとは思っても、最初はキャピタルゲインを狙うしかないという結論に至ります。
当然、年間100万を年間300万などに投資額を増やしたうえで、それでもある程度のキャピタルゲイン狙いが必要です。

で、今回のソフトバンクPOの話に戻します。
このPOに応募する理由は①高配当②SBIのチャレンジポイントくらいでしょう。
①の高配当に関しては、株価も横ばいか上がっていくなら良いですが、先の暗い携帯事業で高すぎる配当性向。
恐らく今後も下がると考えるのが普通でしょう。
高配当だとしても株価自体がそれ以上に落ちたら意味がありません。

そして、SBIチャレンジポイント
これは、1ポイント1000円の価値と言われたのも昔の話。
上手く行っても1ポイント500円くらいが良いところでしょう。
1株1ポイント貰えて500円。
100株だと5円の株価下落で帳消しです。
流石に旨味がありません。

ソフトバンクPOは、3人の名義で100株づつ申し込みました。
推測としては全ての株が「当選または補欠当選」すると思います。(微妙に補欠当選も混じると思っています)
その予想通りなら、当選しても買わないというのが私の結論です。(割引価格の分だけお得の可能性はあります。予想が当たるかどうかの確認のために、ソフトバンクのPO後の株価には注目していきたいと思います)
POに関しては当選しなくてもポイントは入らず、とにかく購入の意思を示す(公募割れと思っているので実質には購入)しないとポイントは貰えない。
SBI証券での申し込みを増やす効果の代わりにSBIのIPOチャレンジポイントの価値が下がったという話で、SBI証券にとってはいい話でも投資家には何もありがたくないキャンペーンです。