家族でキャンプに初挑戦、とはいえ小さい子連れなのでバンガローです@清水公園

コロナの中、旅行は行きたいけれど何となく怖いので、近場でキャンプをしました。
今は車が無いので、東京近郊で電車で行ける。
かつ、駅から近いキャンプ場。

という事で見つけたのが「清水公園」です。
千葉県野田市。約1時間半。

秩父まで行ってもそれくらいなのですが、駅から近くて近くに川が無いのがポイントでした。
小さい子供を川に連れて行くのは怖いので。

行ってみると駅から歩いて5~10分くらいでしょうか。
駅から歩ける距離にあります。

泊まったのはバンガロー
電車キャンプでテントの持ち運びは厳しい。
さらに、この熱中症になりそうな中、夜にエアコンなしで過ごすのは辛い。
エアコン完備のバンガローなら熱中症も安心。
初心者なのでバンガローが正解でした。

宿泊費は、バンガローに20000円。(時期に寄りますが、行きたくなる時期の土曜日はこんなもんでしょう)
さらに、枕200円、タオルケット400円、シーツとマットは込み。
バンガローにはコンセントもあるので、携帯も充電できる。
バンガローはライトが2つで明るさは十分。
屋内に靴置き場もあり、ほうきと塵取りも完備。
テラスに机と椅子のセットがありました。
自分でコンロ(テラスの下ならOK)などを持っている人が多く、そこでお肉焼いてご飯してました。

共同のシャワーがあって5分 200円
脱衣所にドライヤーを完備。
トイレなども含めて、設備は綺麗。
自動販売機もアリ。

という事で、着替えと歯ブラシ、タオルくらいがあれば快適に過ごせそう。
こんなに快適な環境だとキャンプ感は弱いかもしれませんが、のんびり過ごすには最適でした。

あと、コンロなども車無しで持ち運ぶのは大変なのでBBQセットに5500円。(人数と時期で多少上下)
お肉などもセットで買えるんですが、近くにスーパー(ベイシア)があるのでそこで買いました。
食べ物を補完するの折り畳みの「クーラーボックス」は持っていきました。
保冷材は重いので、スーパーで食べ物と一緒に「氷」を買いました。(夜までは十分ですが、朝には溶けてました)

BBQでは、うちわ、墨、網(新品)、着火剤などが混み。
飯盒炊飯がしたかったので、コメと飯盒を持ち込んでこれは網とは別の場所で炉を使うので薪を400円で買いました。
飯盒はビックリするくらい上手く行けたのでおススメ、薪だけだと火が付きにくいので、こっちにも着火剤30円を買いました。
非常に楽ではありましたが、結局3人で30000円はしたので安くはないですね。
キャンプ的な体験ができたことは子供によかったと思います。

その他のいろいろな遊びもあります。
ポニー乗り場では、ポニーに乗れる(3歳~でうちの3歳なりたての子も乗れました)だけでなく、小さい子供向け遊具を完備。
小さい新幹線の乗り物やヤギの餌やりなどちょっとした子供の遊びに最適。
マス釣りが短時間で楽しめる。翌朝9時からオープンなので最適。(チェックアウト10時)
200円の竿を借りて、1匹 調理込み500円。朝食の足しに最適でした。
アクアベンチャーという水遊びできる巨大迷路はコロナで閉鎖中。とても面白そう。
フィールドアスレチックも水遊び関連は閉鎖中。小さい子供が遊ぶのは難しそうなので我が家はトライせず。

子供が大きくなったらフィールドアスレチック。
コロナが落ち着いたらアクアベンチャーと、まだ遊びに行きたくなる場所でした。