10万円給付で割れる意見、生計主か?世帯か?しかし、そもそもの問題がある。

 

18歳以下の子供への10万円給付が話題となっている。
貰える人は賛成。
貰えない人は反対。
当たり前だ。

一律全員に給付の前回の給付
それでも反対はあった。
しかし、貰えない人はいない。
今回よりは反対は少ない。貰えるから。

しかし、制限の給付。
世帯主の年収か、世帯の合計か
もめる。
自分が貰えないならば、少しでも貰える人を減らしたい。
そして、減らせば減らすほど反対する人が増える。

 

では、貰えるのが日本一貧しい人だけなら良いのか。
それならば、2番目まずしい人は貰えない。
どこまで行っても、不満は出る。
明確な目的もなく、そもそも一回限りの現金給付と言う方法自体が間違っている

1回限りの10万の給付。
本当に貧しいならば、これでは救えない。
だからといって、お金を持っている人に給付するのは目的と違う

ばらまきは将来の税金
そのつけは子供たちが払う。
だから、子供に支払う。

しかし、年齢に区切りがある。
19歳以上は貰えない。
これから生まれて来る子供は貰えない税金は払う

少子化対策的な視点と貧困対策的な視点、そして景気対策的な視点。
これを同時にやろうとして、説明がつかなくなっている。
それでも給付金を政治家が選挙でアピールするのは、それで票が得られるから。
しょせんは国民の判断

 

今盛り上がっているのが、夫婦共働きは貰いやすく、専業主婦は貰いづらい
と言う意見。
世帯年収1900万でも貰えると。
そして、世帯主960万が貰えないと。。(え??)

実際に、そんな世帯がどれだけあるだろう
実態は夫600万、妻400万のフルタイム共働き。
夫900万の専業主婦。
このくらいが現実的だろう。

夫の収入が不足しての共働き。
夫が高収入ゆえの専業主婦。
さらに、夫は高収入ではない専業主婦。
世帯収入で区切るのも公平と言えない

 

困窮という条件で考えると資産で判断ができる
しかし、その判断が公平なのかは別である。
低い年収でコツコツためている人。
高い年収でも散財して貯蓄がない人。
タワマンに住んで借金まみれの人。
ギャンブルで破産した人。

誰を誰が救うべきなのか。
年収でも、資産で判断しても不公平になる
では、どうすれば良いのか。

 

これは結果の平等と機会の公平にある。
給付に関しては結果の公平になる。
概ね共産主義的な発想。
最低保証。生活保護。

これはこれで必要だが、みんなが年金を払わず、生活保護で良いやとなれば年金制度は崩壊する。
だから、生活保護は手厚くできない。
低賃金で働いている人より豊かでは労働い意欲を削ぐ。

また、年金は積立てではない
今働いている世代が払う。
誰かがつけを払わなくてはならず、そうなった時に払うのは金持ちではない。

 

なぜなら今の金持ちの多くは高齢者で、年金を払うのではなく貰う側だから。
では、誰が払うのか。
若者、子供になる。
だから若年層は将来に悲観する。

そうならば、機会の公平を求めたい。
親ガチャという言葉に反論する高齢者。
しかし、現実。
親が子に与える影響は大きい。
親は選べない。
親ガチャは確かに存在する。
それを受け入れないと、救われる機会のない子供を救えない。
機会の公平が必要である。

貧困は、子供の時の教育が影響する。
大学生の奨学金利用率が平成10年に10%だったものが、現在では50%に届く。
子育て世帯にお金はない。
そのつけが子供に回る。
格差のスパイラル

しかも、下流化の割合は増えていく。
自分の親よりも貧しい生活をすることになる人は約2/3になる。
大学費用だけが不足するわけではない。
それまでの学費、塾代なども実質的には必要になる。
育児費用は上がり、そして、足りない

だから、一時的な給付ではなく、恒久的な児童手当の増額。
そして、一定レベル以上の高校及び大学の無償化を求めたい。
貧しくても特待生が使える。
しかし、その枠は圧倒的に不足している。
そして、塾代などがだせるそこに届かない。
教育のチャンスはもっと広げないと、機会の公平が無い

 

FIRE実現に対して、子供を持つということはどういうことか?
https://aoi345.com/finacial-independenc/fire-baby/

FIRE実現に対して、子供を持つということはどういうことか?