【残念な結果】慣れない成長株投資を試みた結果、やはり痛い目に合う

 

成長株投資
不慣れな私が果敢に挑戦する。
東証マザーズ指数も、東京グロース指数も・・・。

東証プライム指数はたいして下がってない。
が、東証グロース指数は残念なくらいの右肩下がり。

米国の利上げが原因・・・とは言われているが。
実際のところ、今までが過剰に評価されていた。
そのメッキが剥がれ落ちたに過ぎない。

私が購入したのはメルカリ
5000円位で買って、現在は2000円。
購入株数は1000株。

この手以後の株数で、マイナスは300万
1銘柄のダメージとしては大きすぎます。
この分かりやすいマイナスはSBI証券の前のイー・トレード証券株を投資を始めた時に購入した依頼です。

成長株はPER500倍とか、もう指数的には訳が分らない水準です。
そもそも赤字続きだったりもします。
一方で、売り上げの成長率は著しい。

成長株は、その銘柄にどこまでの夢を見るか!?でしょうか。
Amazonなどは株価が1000倍になったりするわけで、そこら辺を正確な分析として割り出すことは無理というものでしょう。

だからこそ怖いのが成長の停止
急激な成長を見込んだ前提の株価なので、成長が止まってしまうと株価が真っ逆さま。
黒字化する事さえもマイナスになる。

5000円の株価が一時は7000円。
プラス200万。
それが翻って、マイナス300万。

ここら辺の値動きは、今までの私の投資ではありえないこと。
それでも、資産の多くを充てたわけじゃないのが救いでした。
メルカリがダメな分は、NTTやジャックスなどの他の銘柄が補ってくれています。

まぁ、正直、無駄に成長株に挑戦・・・とか言ってメルカリに手を出してなければ素直にプラスだったわけです。
メルカリというサービスは前からなぜか安いものが買えるということは何となくしっていた。
しかし、面倒くさい感じした。
だから、手を出してこなかった。
けど、やってみた。
そうしたら思ったよりも出品が楽だった。

まずは買う方からって感じでした。
小さな傷などでトラブルが全くない訳でもないのですが、思ったほどにトラブルもない。
それに年配層がやり始めているらしい。。

プラットフォームというのは一度、確立すると強い。
それに、かなりシェアを稼いでいる一方で、もっと広がりができそうなほどにやっていない人も多い。
という事で、これは間違いないと思った。
だから、思い切って買ってみたのです。

もう一つの保険の要素が東証プライム
昇格すると期待していた・・・。
しかし、そうは行かない。
1月に申請したものの音沙汰がない。。

高配当銘柄が好きだけど、メルカリは無配
まぁ、成長株ってそういうものでしょうか。

まぁ、結果的にはタイミングが悪かった
他の銘柄が利益を出しても、その分をメルカリが下がる。
もうすでにかなり下がりきっている気がするのに、更に下がる。

成長株投資は初心者が手を出しがち
そして、痛い目に合う。
そして、株なんて・・・と言ってやめてしまう。
その気持ちがわかる今日この頃でした。

 

【メルカリ】配送料を考慮せずに出品して・・・失敗しました
https://aoi345.com/2021/03/22/mercari/

【メルカリ】配送料を考慮せずに出品して・・・失敗しました