楽天ポイントの最強の出口戦略として、期間限定ポイントも含めた高い換金率の現金化を試みる。

楽天ポイントの出口戦略

 

楽天ポイントの有効な使い方。
楽天ペイで普段使いの出費にできるなら良いですが、ポイントだからと出費しては節約にならない。
ということで、「現金化」を試みます。

楽天には通常ポイントと期間限定ポイントがあります。
通常ポイントは「ポイント投資」でeMAXIS Slim 国内債券インデックスを購入して翌日に売却。
100ポイントから1ポイント単位&購入手数料無料&口座への出金手数料なので、通常ポイントはほぼロスなく現金化できます。

問題は期間限定ポイントです。
正直言って、ポイントの大半はこちら。
大量に手に入る割には、期間が短い。
だから無駄遣いの温床。

じゃあ、同じようにポイント投資で現金化しちゃえば良いよねってなるのですが、期間限定ポイントはポイント投資に非対応
なんらかの使い方をしないといけない。
おすすめなのが、楽天ふるさと納税
そこそこの金額で、安定的に消化できる。
無洗米5kgを7000ポイントでゲットできる。
税金は翌年還付なので無駄遣いにもならない。

とは言え、予算上限がある。
で、金券を買ってそれをチケットショップに売るということが思いつくのですが、これは対応できるのですが楽天の金券は割高
さらに買取で手数料も取られるので正直換金率が悪いです。

 

期間限定ポイントが使えるラクマ

 

そこで、おすすめなのがラクマです。
Nintendo Switchのソフトなどのように価格が安定していて、送料も安く単価もソコソコ。
さらに直ぐに売れる商品がねらい目。

5000円のソフトを買って手数料が3.85%。
ただし、ラクマの場合には3% OFFのクーポンが定期的に配布される。
それを考慮すれば0.85%です。
送料を考慮しなければ、99%以上の換金率です

規約違反なので、やっちゃダメですが、2人いれば空出品&空購入で実際の取引なし=送料なしということもできなくはないです。
やっちゃダメですが。。

 

実はおススメ 有料化後の楽天モバイル

 

【追記】
まだ無料なので思いつかなかったですが、携帯電話を楽天。かつ、楽天圏内。
そして、自宅のネット回線をスマホテザリング。
これだと、携帯と自宅のネット回線の料金が合計2980円。
かなり安い。

そして、安定的に月2980円が消化され、それには期間限定ポイントも使える。
これが、無料期間が終わった後の楽天ポイントの消化で最も良い方法かもしれません。。