平均的な年収の夫と専業主婦の妻で貯蓄を試みるとどうなるか?

専業主婦の家計を想定すると、旦那だけの平均手取り収入から月30万の出費を使うとする。
そうすると下記の通りになる。

<専業主婦の年間手取りと年間貯蓄>

年齢 手取り 貯蓄
20代前半 220万 -140万
20代後半 310万 -50万
30代前半 350万 -10万
30代後半 400万 40万
40代前半 440万 80万
40代後半 480万 120万

配偶者控除の所得税38万の税率20%もありますが、年額10万に満たないので焼け石に水。
よほどの高収入の夫でもない限りは、専業主婦で貯蓄を実現するのは無理がありそうです。

共働きよりも外食費を削ったり、家事や家計の努力で節約ができる。
としても、共働きでも節約はする必要はあります。
現実的な方法で早期に1億貯めるのは、専業主婦を前提では難しく、独身でも難しく、結婚しで共働きが良いという事です。

確かに独身の1億と夫婦での1億は意味が違います。
しかし、45歳の4%運用で「独身だと3702万、夫婦だと8348万」で、更にそこから資本による複利を考えると早い段階で原資が生み出せる夫婦共働きは非常に効率が良いのです。