[還元率]お店を選ばずどこでも獲得できる請求額還元クレジットカード選び

還元率の高いクレジットカードを持ちたいと考えている人は多いのではないでしょうか?
そこで今回は、クレジットカードの選び方についての記事を書かせていただきます。
皆様のご参考になれば幸いです。

どこでも還元率1.2%のリクルートカード

去年まではVisa LINE Payカードが最強でした。
どこでも還元されるポイントが高いカードは実は少ない。
その点、このカードはどこで使っても2%還元というカードでした。

しかも支払いに使えるという無駄のないポイントでした。
しかし、今は還元率1%の普通のカードになってしまいました。
そのため、代わりのカードを探す必要があります。

そのため、どこでも還元されるポイントが高いカードを探します。
今のクレジットカードでどこでも1%還元を超えるカードはリクルートカード(1.2%)です。
年会費無料ですが、貰えるポイントが支払いに使えずポponta交換できるくらい。
ポイントの使い道がないので、お勧めできません。

 

どこでも1%でお得な楽天カード

そのため、どこでも貰えるポイントが1%のクレジットカードから選びます。
人気の無料クレジットカードには下記があります。

三井住友カード
JCB CARD W
楽天カード
エポスカード
dカード

 

上記の内で、三井住友カード、JCB CARD W、エポスカードは0.5~0.6%還元。
楽天カードとdカードが1.0%還元。
そのため、楽天カードとdカードが選択肢です。

この2つで考えた時に、選択は「楽天カード」一択になります。
docomoユーザーならdカードが良いのですが、そもそもdocomoが割高。
スマホの選択肢として選ぶべきではありません。

一方、楽天カードは楽天ふるさと納税のポイントが2%アップします。
例えば10万円のふるさと納税を行うと2000ポイントです。
楽天市場で普段買い物をしない人でも、十分なリターンがあります。

楽天カードでポイント生活はじめよう!

 

アフィリエイトカードに注意

その他のカードも見てみます。
結論としては全て無しです。

三井住友カードは、マクドナルドやセブンイレブンなどでタッチ決済の還元が魅力。
5%のVポイントが手に入り、ポイントは支払いに使う事もできます。
悪くないのですが、基本還元率が0.5%が厳しい。

JCB CARD Wは以上にネットでプッシュされているカード。
ポイントが2倍が魅力ですが、0.3%の2倍の0.6%還元という罠カード。
このカードをプッシュしているサイトは、アフィリエイト目的が濃厚です。

Amazonと相性が良いのが特徴で、2倍のポイントが更に2倍。
と言っても、1.2%の還元率です。
Amazonカードは2%なので無意味ですし、JCBもデメリットなので無しです。

EPOSカードは、0.5%の還元でAmazonギルトにポイント変換ができるカード。
おススメされている割には、おすすめポイントが少ない。
丸井のセールで割引が受けれることくらいなので、これも無しです。

 

年会費無料のゴールドカード

ノーマルカードでいうと楽天カードで良いとなってしまいます。
しかし、ゴールドカードに目を向けると状況が変わります。
ゴールドカードでありながら無料のカードがあるからです。

AEONのゴールドカードは空港のラウンジが使えないゴールドです。
しかし、EPOSゴールドと三井住友ゴールド(NL)はラウンジも使えます。
これらには制限があります。

EPOSゴールドは年間50万円を1回達成、三井住友ゴールドは年間100万円を1回達成。
これを1回達成すると以降は永年無料になるという制限があります。
普段からクレジットカードを利用する人には、簡単に達成できるレベルと思います。

EPOSゴールドカードですが、3つのよく使う店舗を選ぶとその店舗では1.5%還元。
そのため、よく利用する店舗を登録すると1%還元を超える還元率が実現します。
さらに年間100万の利用で1万ポイントのボーナスがあり、100万ピッタリで1.5%還元

三井住友ゴールドカード(NL)ですが、同様に年間100万の利用で1万ポイントのボーナス。
よく使う3つの店舗を選ぶとその店では1.0%還元。
家族一人につきコンビニとマックで+1%還元。

三井住友ノーマルカードと同様にタッチ決済のボーナスもあり。
EPOSゴールドは家族カードが個人名義になるのですが、こちらは通常の家族カード。
ナンバーレスカードなので、セキュリティーも安心。

SBI証券のクレジットカード積立ノーマル0.5%に対してゴールドなら1.0%のポイント。
つみたてNISAを含む月5万円で年間60万円をを積み立てた場合、これだけで6,000ポイント還元。
結果として、このカードが現在最強のメインクレジットカードです。

三井住友カード

【内訳】A+B+C+D=最大10%還元
A:通常ポイント=0.5%還元
B:コンビニ3社とマクドナルドでの利用ポイント=+2%還元
C:Bの店舗でVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスを利用=+2.5%還元
D:家族ポイントに6人以上登録(主会員1人+従会員5人以上)=+5%還元

 

まとめ

今回は「クレジットカードの選び方」についての記事を書かせていただきました。
今回の記事のポイントをまとめると下記の通りとなります。

①ノーマルカードなら楽天カード
②無料のゴールドカードなら三井住友ゴールド(NL)
③楽天カードをマスター、三井住友ゴールドをVISAに分けるのがおススメ

 

つまり、クレジットカードは楽天と三井住友ゴールドの2枚持ちがおすすめです。
マスターとVISAでブランドを分けるするようにしましょう!

三井住友カード

クレジットカードに興味がある人は、下記の記事もあわせてチェックしてみてください。

 

QRコード決済とクレジットカードのキャッシュレスの最強の使い分け方法を検討してみる。
https://aoi345.com/finacial-independenc/qr-best/

QRコード決済とクレジットカードのキャッシュレスの最強の使い分け方法を検討してみる。