使っているクレジットカードでその人の出費の傾向が分かってしまう。人気の楽天カードはもちろん…

節約の方法としてポイント活動というものがあるが、色々な工夫をするポイント活動はイマイチ上手くいかない。
一番あるのが、楽天ポイント

これを貯めようととすると出費が増える
何しろ、そうなるように仕組みが作られているから。
確かに楽天のSPUを上げていくとお得ではある。

しかし、どれを選んでどれを省くかを間違えると出費の罠にはまっているだけになる。
電気や保険は楽天がベストではない。
ゆえにSPUのために選ぶべきものではない。

楽天ブックスや楽天トラベルなどもSPUのために出費すべきではない。
となると、楽天アプリ・楽天銀行・楽天カード(ゴールドは年会費を考えるとポイント取り返すには出費を伴うのでしないほうが良い)・楽天証券くらい。
これだと物足りないので足せるとすると「1・5の日」と「買い物マラソン」、それに運良ければ「楽天関連のチーム勝利ポイント」あたりでしょう。

で、問題となるのが買い物マラソン。
1000円以上の買い物を10店舗で。
って出費しすぎでしょう。
さすがに買うものを貯めていたとしても、ちょっと行きすぎ。

さらに楽天がamazonよりも割高なことが多いので、ポイントを加味しても楽天がお得じゃない
それでも買い物マラソンに踊らされて楽天で買うのはダメ。

となると狙えるのは「楽天ふるさと納税」を買い物マラソンにかぶせる時くらい。
ふるさと納税の16%程度がポイント還元されるなら大きいです。

大人気でおなじみの楽天カードですが、確かに楽天ふるさと納税を考えると持つべき。
ただし、普段使いで考えるとあまりいい選択ではありません。
ポイント還元率が1%と別に良いわけでもなく、更に楽天ポイントという次の出費をしないと還元されない還元システムだからです。
じゃあ、どのクレジットカードが良いのかと言うとやはり、REXカードでしょう。

何処で使っても1.25%の還元で、しかも請求額から引かれるので出費を促すようなポイント還元システムではない。
これが普段使いでベストだと思います。
逆に楽天カードは断トツ人気ですが、これを普段使いする人は節約志向と言うよりは出費をするのが好きな節約できない思考の人が多いと思います。
ポイントを貯める事が楽しい、だから出費しちゃう。
これだけはしないように気を付けましょう。