[経済的自立の第一歩]節約を開始する前にキャッシュレス化とマネーフォワードME

節約のための家計簿をつけたいと考えている人は多いのではないでしょうか?
そこで今回は、マネーフォワードMEについての記事を書かせていただきます。
皆様のご参考になれば幸いです。

まず節約で最初にすべきは資産の実態把握

節約をしたいと考えている人は多いでしょう。
そのためにまずやるべきことは、実体の把握です。
いくら持っていて、何にお金を使っているのかです。

節約と言えば家計簿という事になるのですが、それ以上に大切なこと。
それは、資産の実態把握です。
財布の中、銀行、証券会社にそれぞれいくらの資産があるのかを月次で記録しましょう。

そのために便利なツールがマネーフォワードMEです。
家計簿アプリとして紹介されることが多いのですが、資産管理&家計簿アプリです。
オンラインで登録した口座の情報を自動で吸い上げてくれて手間がありません。

さらに、自動家計簿機能もあります。
クレジットや口座の引き落とし、ICカードで購入した記録を自動で計上してくれます。
ネットショッピングサイトを登録すれば詳細の情報も入ります。

 

楽で正確な家計簿にはキャッシュレス化が必須

非常に便利なマネーフォワードMEですが、現金は自動では記載されません。
手動で入れるか、レシートを写真で読み込むかの操作が必要です。
そのため、この部分に関しては漏れる可能性があります。

そのために、キャッシュレス化が必須となります。
クレジットカードはお金を使いすぎてしまうという人が結構います。
しかし、現金でもお金は貯まっていない人なので関係ありません。

家計簿を楽して正確につけないと、何に使っていて何が削れるか分からないので無駄な節約をしがちです。
飲み会によく行くのに、200円で売っている卵が100円で売っていると聞くと頑張って買いに行く。
労力に見合うリターンがない節約です。

その対策としては、まずは正確な家計簿を見ながら月の目標出費上限金額を決めます
そして、現在の出費との差(節約目標額)が何を削れば到達できるのかを確認します。
節約目標額が5万円だったとして、200円の卵を100円で買えたとして月に2回卵を買っても200円。

効果的な節約は家賃の削減、保険の解約、スマホの見直しなどです。
ポイントは労力を全く使わずに節約を実現できることです。
その理解には正確な家計簿=キャッシュレス化が必須です。

 

マネーフォワードに登録する口座情報

マネーフォワードMEですが、無料では登録上限が10(12/7から4)に設定されています。
プレミアム登録をすれば上限がなくなりますが月500円。
可能なら節約したいポイントです。

私はプレミアム会員に入っていて、下記の口座を登録しています。

①銀行口座 9口座
②証券口座 4口座
③クレジットカード 4口座
④確定拠出年金 2口座
⑤ショッピング 2口座
⑥交通系ICカード 2口座

 

合計で22口座です。
銀行口座は住信SBI銀行、楽天銀行、メガバンクが4人家族なので多くなります。
証券口座も同様です。

 

クレジットカードはメインカード、サブカード、妻のクレジットもあります。
ショッピングはAmazonと楽天で登録しておくと家計簿に詳細が入って便利です。
交通系ICも他のキャッシュレスが使えない時に重宝します。

この登録口座を私と妻で別管理にして、無料を使う方法はあります。
しかし、下記の改悪によりもはやそれも通用しなくなりました。
つまり、マネーフォワードMEは500円払ってでもプレミアムプランの入会が必須です。

無料版「マネーフォワードME」の口座連携数が減った理由
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2211/09/news153.html

 

キャッシュレス化を実現するための手段

マネーフォワードMEですが、キャッシュレス化を行う事が必須です。
そのための具体的なプランを提案します。
まずは、キャッシュレス化の一番の主力はクレジットカードです。

クレジットカードに関しては、どこでも還元率が高い三井住友NLゴールドがおススメ。
キャッシュレス化すると年間100万のクレジット払いは簡単に達成できます。
まず、これを契約しましょう。ポイントが貯まる分だけお得です。

三井住友カード

そして、クレジットカードで払えない場合のキャッシュレス手段はQRコード決済です。
Paypayがおススメで、上記のクレジットカードを登録すると実質クレジットカード対応にできます。
クレジットカードのポイントも貯められる点でも非常に優れています。

最後は交通系ICカードです。
これはデジタル的に記録は残せるものの、クレジットカードで入金はできません。
そのため、優先度は一番低く、どうしてもポイントが欲しい場合はビックカメラSuicaも選択肢です。

口座引き落としも自動で記録が着きますが、ポイントは着きません。
クレジットでの支払いが可能ならできる限りクレジットカードを利用。
口座引き落としのみの場合は、口座引き落としを利用しましょう。

 

まとめ

今回は、「マネーフォワードME」についての記事を書かせていただきました。
今回の記事のポイントをまとめると下記の通りとなります。

①マネーフォワードは資産管理と家計簿が節約に必須
②無料で4口座になるので、プレミアム会員登録も必須
③その前にキャッシュレス化を行う事が必須

 

つまり、節約を実現したい場合にはマネーフォワードMEを利用するのがおすすめです。
そのため、支払いを全てキャッシュレス化するようにしましょう!

キャッシュレス化に興味がある人は、下記の記事もあわせてチェックしてみてください。

 

QRコード決済とクレジットカードのキャッシュレスの最強の使い分け方法を検討してみる。
https://aoi345.com/finacial-independenc/qr-best/