[金を生み出す]節約のために不用品を捨てて部屋を綺麗にして家賃を下げる

 

部屋をきれいに保ちたいと考えている人は多いのではないでしょうか?
そこで今回は、物を減らして節約することについての記事を書かせていただきます。
皆様のご参考になれば幸いです。

部屋が汚い人はお金が貯まらない

部屋中にものが溢れて、家が汚い人。
部屋がすっきりして、奇麗な人。
どちらの人の方がお金が貯まっているでしょうか?

これは多くの場合には部屋がきれいな人の方が貯まっています。
理由は簡単で、部屋が汚い人は不要なものが捨てられない。
捨てられない理由は、必要なものと不要なものが区別できていないからです。

お金持ちは捨て上手!”物を捨てる”とお金が貯まる4大理由と節約効果

その結果として、不要なものにお金を使ってしまいます。
家が片付いている人は家を汚したくないという気持ちがあります。
そのため、家を汚すだけの不要なものは買いません。

 

部屋を綺麗にするときに捨てるべきもの

どうすれば部屋が奇麗になるのでしょうか?
いくら奇麗に収納しても限界があります。
結論としては物を捨てることが大切で、下記の整理を行いましょう。

①不要なもの
②思い出の品
③遊ばなくなった玩具
④買ったけど使ってないもの(消耗品以外)
⑤古いパソコン
⑥1シーズンで着なかった洋服
⑦本
⑧プリンター
⑨来客用の布団
⑩棚
⑪ベッド

 

不要なものを捨てる

1つ目からすごいフワッとしています。
人によって持っているものは違い、自分でも明らかに不要と思うものは捨てましょうという事です。
具体的な例でいうと、ゴミ袋を貯めてしまっている場合などです。

思い出の品を捨てる

次は思い出の品です。
卒業アルバムや写真、子供の作品など、ごく稀に見る可能性があるだけのものは捨てましょう。
データ化するサービスなどを利用して写真で残すなどしましょう。

遊ばなくなった玩具

子供がいる家庭の場合です。
子供は成長が早いので次々と遊んでは飽きていきます。
もう一回遊ぶかもしれないからと古い玩具を残してももう遊ばないので、サクッと捨てましょう。
売れるならメルカリで売りましょう。

買ったけど使ってないもの(消耗品以外)

買うときは必要だと思って買ったけど、いざ使っていないもの。
箱のままで綺麗に保管されちゃっているもので、私の場合はHDMI切り替え器などがそうでした。
小さいから嵩張ってないと仕舞いこんでしまうのですが、不要なのでメルカリで売りましょう。

古いパソコン

ここからは具体的なアイテムを紹介していきます。
新しいパソコン購入時に古いパソコンは捨て方が分からず、売ろうにも値段がつかず売れない
だから、つい捨てずに取っておいてしまいますが、時間がたつほど価値は無くなります。

売れるならメルカリで売る、古すぎるならヤマダ電機(店頭もOK)で売りましょう。
100円程度では買ってくれます。
古いスマホを残してしまっている人も同じく古いものは捨てましょう。

1シーズンで着なかった洋服

日本では夏用、冬用と服が必要なので半分以上の服が保管されます。
そのため服と言うのは非常に嵩張り、家族が多いほど更に洋服は増えます。
1シーズンで1回も気なかった服は捨てましょう。

沢山の本を保有していても同じ本を2回以上読むことは稀です。
何回も読む本は限られているので、その本だけを取っておけば良いです。
それ以外はメルカリで売るなど、すべて手放しましょう。

デジタル書籍もオススメです。
本が増えても全く嵩張りません。(中古で買えず、売れませんが)
小さい本棚に入る本だけ残すなど、自分の上限を決めましょう。

プリンター

自宅では使用頻度が低いのに、なぜか異常に場所を取っています。
たまに必要になるからなのですが、こちらはコンビニのネットプリントで代用
プリンターのインクは時間が経つと勝手になくなるので、ランニングコストでもお得です。

来客用の布団

来客があるかもしれないと取ってしまっている来客布団。
子育て中に両親が来るときは利用頻度があるかもしれませんが、それ以降は箪笥の肥やし。
更に場所も非常に使うので、1セットは残しても良いですがそれ以外はすべて捨てましょう。

物を捨てていくと棚が開いていきます。
そうすると、棚に綺麗に物を並べたり別のものを置いてしまいがちです。
そうすると結局ものが減らないので、棚自体を捨て物が増やせない環境を作りあげましょう。

ベッド

ベッドに関しては、私は捨てないのですが効果が絶大なので書いておきます。
ベッドを布団に変えると1部屋空くほどの効果があります。
寝心地や毎日布団を敷く作業を考えて私はベッドを捨てませんが。

 

物を減らすと究極的には家賃が下がる

物を捨てるということが、なぜ節約につながるのでしょうか?
最初に、無駄なものを買わなくなるからと説明しました。
部屋を綺麗に保つためには物が増えない方が良いのです。

更に捨てる行為にも意味があります。
一度捨てたものは無駄になるかもしれないから、買うのを避けるようになるからです。
さらに捨てていないものの、捨てる可能性を考えたうえで購入するようになります。

もちろん、不要なものをメルカリで売れば収入になります。
1つ1つは少額でも積み重ねていくと結構な金額になるかもしれません。
だからと言って、そのお金で不要なものは買わないように注意し魔装。

物が減って部屋が綺麗になる。
そうすると、3LDKに住んでいるけど、2LDKに引っ越すことも可能になります。
つまり、同じ生活水準のまま家賃を下げることが可能になります。
実際に引っ越さないとしても、いつでも引っ越せるように物を捨てるのは実施すべきです。

これは数万円レベルでの家賃削減になり、節約効果が絶大です。
収入が減って、家賃の低い家に引っ越す必要があるタイミングで捨てるよりは良いでしょう。
その時に捨てれるのであれば、その前から捨てられるはずです。

狭い部屋に引っ越す場合に捨てるものは今捨てましょう。

 

まとめ

今回は、「物を減らして節約すること」についての記事を書かせていただきました。
今回の記事のポイントをまとめると下記の通りとなります。

①家に捨てれるものは沢山あるから、直ぐに捨てる
②物を売れば収入になり、無駄なものを買わないようになる
③結果として狭い部屋に引っ越せるのであれば、節約効果は絶大

 

つまり、節約をしたい場合には不要なものを捨てるのがおすすめです。
そのため、部屋を綺麗に維持するようにしましょう!

節約に興味がある人は、下記の記事もあわせてチェックしてみてください。

 

[動画]FIRE達成のお金が増える魔法の辞書(収入アップ、支出ダウン、資産運用)
https://aoi345.com/finacial-independenc/fire-dictionary/

[動画集]FIRE達成のお金が増える魔法の辞書(収入アップ、支出ダウン、資産運用)