【株主優待2021年】最安スマホ LIBMO(TOKAIホールディングス)

TOKAIホールディングスの優待が到着

 

楽天モバイルが月額基本料金無料を打ち出して最安値となった携帯スマホ料金
しかし、1GBまでの話です。

流石に1GBでは足りない。
それでも3GBまでなら980円(税抜き)。
うちの両親などはこれで十分。。

しかし、私は抑えても5GBは欲しいです。
楽天の場合は次のステップが大きくて20GBで1980円(税抜き)になります。
まぁ、非常に安い。
しかし、私は更に安くしたいのです。

キャリアスマホに連動してMVNOの値下げもあったのですが、私の愛用しているLibmoも値下げされました。
1GBが980円(税抜き)、5GBが1380円(税抜き)です。

5GB想定で、楽天モバイルよりは安い。
が、正直、他のMVNOより安いわけではないのです。

で、優待の登場。
100株/300株/5000株の3つのバリエーションで、さすがに5000株はキツイ。
だから、300株を保有しています。

以前と違って値引き後の料金が直接書かれていないのですが、分かりやすく税込みで計算してみます。
1518円(税込み)-850円(割引額)=668円(税込み)

!!
5GBのスマホ音声通話プランが668円になります。
うちでは楽天モバイルは自宅のネット回線のため、妻はLibmoの1GBプラン(妻も300株を保有)です。
こちらも計算してみます。

1078円(税込み)-850円(割引額)=228円(税込み)
もう、ここまで行くと携帯って特に維持費掛からずに持てるレベルですね。。
二人合わせて1000円行かないのですから。

うちでは、夫婦ともに楽天回線も契約しています。(合計4つの電話番号)
私:楽天回線(何となく持ってるだけ)、LIBMO(5GB、メイン)
妻:楽天回線(自宅のネット)、LIBMO(1GB、メイン)

振り返ると私の楽天回線を自宅のネット用にして、妻のメインを楽天にするのが一番安いですね。
ただ、LIBMOが優待持っていると激安なのでそのままにしつつ、私の使っていない楽天回線はをモバイルルーターを買って移動時に使えるようにするが良さそうですね。

複雑すぎるスマホ契約の料金を頑張って計算、比較してみる。
https://aoi345.com/finacial-independenc/smartphone/

複雑すぎるスマホ契約の料金を頑張って計算、比較してみる。なんだかんだでUQモバイルが強い。楽天もがんばれ!!