マイナポイントでサービスを強化したd払いとメルペイを検証してみる。Paypayは良いサービスなし!

マイナポイント。
WAONだけではなく、d払いとメルカリもサービスを大盤振る舞い。
Paypayは特に独自サービスなしなのに、人気というのが謎。
もう回収のステップに入った印象ですが、最初のキャンペーンで出したお得感が効果を出しているのでしょう。
こういうひとがいるおかげで、過剰なサービスが発生するのでありがたい限りです。

さて、話を戻してd払い
合算して「2500円」とWAONよりお得で、具体的には下記の通り。
1)d払い選択でもれなく1,500円分進呈
2)d払いを選んで2万円分チャージまたはお買物をすると1,000円分進呈
3)ドコモケータイの料金支払いなど、一部利用できないサービスがあります。

d払いですが、Amazonで使おうとすると「電話料金合算払いのみご利用になれます。電話料金合算払いは、ドコモ回線をお持ちで、spモード契約をされているお客さまがご利用になれます。クレジットカード払いは、現在ご利用になれません。」ということ。
ドコモ回線なんて高すぎて使えないから、Amazonでd払いは事実上無理という事です。

「dカードプリペイド」というプリペイドカードを使って、Amazonギルト券を買うという方法もあるようですが、2500円分はd払いの限定ポイント
この限定ポイントは3)のとおり一部利用できないサービスがあって、dカードプリペイドへのチャージも対応外。
20000円チャージして、コンビニで使うのも難しい。スーパーは近くのスーパーで使えるなら良いけど、対応スーパーが少ない。

となると、d払い対応で高額な出費ができそうなのは、ヤマダとかビック、エディオンなどの家電量販店でしょうか。
家電品を買うつもりなら良いですけど、今どきはネットで買うほうが安かったりするので微妙ですね。。
やはり、WAONのamazonギフトが良い

次にメルペイ
これも2000円と更に1億円山分けと聞こえはいい。
が、1000ポイント+1000円。
しかも下記の3)の1000円は別途1万円チャージさせられるので、微妙に嘘っぽいサービス。
まとめると下記の感じです。

1) 【本人確認済みの方限定】マイナポイント申込み後、メルカリ購入で最大P1,000付与
2)最大1,000万円相当が当たる!マイナポイント申込みで、総額1億ポイント山分けキャンペーン
3)マイナポイント申込みのお客さま限定、残高チャージで最大1,000円分ポイント付与キャンペーン

こっちも問題はどう使うか?
同じくコンビニと家電量販がベース。
ただし、メルペイは上手くやれば、Amazonで買い物が可能
ここは利点。
iPhoneで言うと具体的には下記の手順。

1)メルペイをApple PayのiDとして登録
2)Apple Payに登録しているモバイルSuicaに、メルメルペイのiDからポイント分チャージ
3)チャージしたモバイルSuica(Apple Pay)を使う

ちょっとめんどくさいけど、まぁ、許せる範囲。
ただ、これなら素直にWAONが良いと思います