節約ではないポイント活動 しかし、避けるべきでもない 上手に確保することが重要

 

ポイ活と節約
ポイ活は節約なのか?

ポイントは出費が増えるほど得られる。
という事であるから、大きな部分としてはポイント活動は節約ではなく浪費に近い
ポイント活動は基本的には節約でないことを肝に銘じたい。。

しかし、ポイント活動がまったくダメなのか?というとそこは少し異なる。
今の出費をポイントが得られるために増やすことはあってはならない。
しかし、すでに出費をしているものに関しては上手くポイントを貰っておきましょう。
これが、意味のあるポイント活動です。

しかし、そこはポイント付与する側も上手。
節約と思わせておいて、いかに浪費をさせるか?
楽天ポイントが改悪されているのもこの影響が多少ある。

最初のうちは上手く騙せて?いた。
しかし、情報をうまく紹介するページや雑誌が登場。
ポイントの仕組みのお得な部分だけを利用する人が増える。
その結果、ポイントによって利益が圧迫される事態になる。

そういった部分が廃止になっているわけです。
一方で、あまりお得ではないポイント付与に関しては継続されます。
だから、自分の使っているポイント付与が改悪されないっていう事は、それってそもそもお得じゃないのでは?っという疑惑がある。
どこかで利益を出さないとポイント付与する側の事業が持たない。。

 

で、まず大事なことは「沢山ポイントも貰えれば良い」という発想は捨てること。
あと1万使えば1000ポイントモラルポイントが増るからと余分に1万円を使ってはいけない。
楽天の買い物マラソンで余分に1つを買うことで1%の還元率が上がる。
そのために不必要なものを買って、500ポイントの還元が増える。
実質は1000円で500ポイントの付与。
お得!
しかし、買わなくても良かったもの。

さらにポイントが期間限定ポイントで付与される。
通常ポイントならば楽天証券を使っての実質現金化が可能。
しかし、期間限定ポイントは使うしかない。

買い物マラソンで買い切った後で結構なポイントがたまる。
そして、そのポイントでお金なら出してなら買わなかったものを買う。
・・・。

お金を出してでも買ってたものなら良い。
当然こういった流れを想定しての楽天ポイントではあるのですが、とにかく陥りやすい。
っとなると、ポイント付与されたら買うものをあらかじめ決めておく
そして、その物自体は現金であっても買うはずだったものにする。
ここら辺は徹底しないと、浪費になります。

 

そんなわけで、具体的にポイント活動でオススメと言えるものですが、まずはクレジットカードのポイントでしょう。
これは純粋にお得なので、ポイントの改悪の連続です。
どこでも還元されることが大事で、さらにそのポイント還元率が高いこと。
あとは現金化、または請求額の減額などに使えることが必要です。

これらを満たすのは現在だとVISA LINE PAYカードがあるのですが、おそらく次の4月末で終了。
ってなると、その次を探す必要があります。
しかし、いつもの買い物を現金ではなくクレジットで払う。

この手数料はお店側が3%程度払う
そして、そのうちの1%~2%程度が還元されるわけです。
お店にとってはクレジットよりも現金で払ってくれる方がうれしい。
しかし、クレジットカード払いだから請求額があがるという事がない以上、クレジットで払う方が良いと言えるのです。

 

あとは楽天ふるさと納税などで楽天ポイントを貰うことも良いと思います。
なにしろ、ふるさと納税は2000円以外の部分が還付されますので。
上限金額はあれど、最適と言えます。

楽天やアマゾンなどでもクレジットカードを作ってそのWEBサイトのポイントを貯めるのは良いと思います。
普段から使っているショッピングサイトのポイントは、ポイントが貯まらなくても買うはずのものなのでポイントは貰っておくべきです。
しかし、Amazonの方が価格が安いのに楽天ポイントが欲しくて楽天市場で買う・・・というのはやめましょう。
ポイントは存せずに貰うもの、ポイントのために出費してはいけません。

 

近所のスーパーでもらえるポイントなども貰っておいた方が良いと思います。
あくまでも、ポイントなしで普段から使っているものの出費
だから、ポイントサイトを見てポイント活動するのではなく、家計簿を見てポイント活動が良いと思います。

すでに使っている出費の中から、ポイントが貰えるはずだったものはないか?
その頻度が高いものがあれば、出費は増やさない方法でポイントを貰っていきましょう。

 

改悪連発の楽天ポイント 消費税が除外に! 今後の方針を考える
https://aoi345.com/finacial-independenc/rakuten-kaiaku/

改悪連発の楽天ポイント 消費税が除外に! 今後の方針を考える