TVのリアルタイム配信、NOW ON TVerの使い方とデメリット

 

TVer
日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ、電通、博報堂DYMP、ADK、東急エージェンシー。
大手のテレビ会社及び広告代理店が運営。
目的は違法動画配信の撲滅。
まぁ、Youtubeなどでテレビ録画が配信されても自分たちに1円を落ちないのでその回収です。

この記事で新たにまとめています

地上波アプリTVerのリアルタイムをミラーリングでFireTVStick経由のテレビ表示

CMが入ることで無料
各テレビ会社の独自の動画配信サービスを統合させたポータルサイト的な役割を果たしている。
と、いう事でテレビの代わりになる。

しかし、欠点もある。
そもそも全ての番組を見れるわけではない
権利の都合などで配信されない番組や配信されない回もある。
地方によっては見れない番組が見れるため、むしろ地域によっては見れる番組が増えることになるかもしれないが・・・。

見れるのは放送から1週間程度。
まぁ、普通のテレビは録画しておかないとリアルタイムでしか見れない。
録画をする手間が省けるという点では逆にメリット。

一方で1日遅れの放送になるのはデメリット。
見逃し配信が目的なので、リアルタイムの番組が見れるわけではない

が!!
TVを持たない人の増加。
TV離れを防ぎたい。
だから、リアルタイム配信をしよう。
っという事で作られたNOW ON TVer。

民法のテレビ番組がリアルタイムで見れる。
しかし、このサービスやる気があるんだか無いんだかというサービス。

TVを見ている人には使ってほしくないけど、TVを持っていない人にだけは届けたい。

という謎の目的を持っている。
謎というか提供側の都合ですかね。
TVのCMの広告料を出す意味がなくなる=テレビ局が収入源を失うですから。

それゆえに弱点が多い。
①放送されるのは19:00~22:00くらいの時間帯の番組に限られる。
②TVのTVerアプリではリアルタイム配信が無い。(スマホアプリかパソコンのWEBサイト)
③画質が低い。

それぞれ見ていく。
①の時間制限はどうしようもないが、働いている人からしてその時間帯くらいしかテレビを見ないから意外と問題ない。
その時間でも必ず方法されるわけではないのは弱点ではありますが。。

②のTVで見れない問題は、先日のミラキャストを使った方法で回避可能。
③の画質問題は、正直どうしようもない。
スマホで見るには画質は耐えれるが、TVで見ると粗がひどい。見れない照れるではないけど。
っという我慢ポイント。

 

似たようなサービスでParaviがある。
こちらは有料で月額1000円程度。
しかも、番組によっては個別の料金がかかる。

TVを手放してNHK契約を無くし、月額を減らしたいのに増えたら意味ない。。
リアルタイムで見れるようになるわけでもない。

放送局は、TBSとテレ東。
フジテレビ=FOD、朝日=TELASA、日テレ=Huluと有料配信はテレビ局も分断されている。
かなり、デメリット。

メリットは最新話以外の配信もされていること、CMが途中で入らないこと・・・位ですかね。
まぁ、有料の時点で不要ですが。

 

Fire TV StickとスマホのミラーリングによるTVerのリアルタイム配信の視聴
https://aoi345.com/happy-life/miracast-tver/

TV視聴できるFire TV StickとスマホミラーリングでTVerのリアルタイム配信