[経済的自立は必要ない]忘れがちな健康寿命と50代・60代の後悔

FIRE健康寿命

FIRE(経済的自立)を実現したいと考えている人は多いのではないでしょうか?
そこで今回は、FIREを達成する意味についての記事を書かせていただきます。
皆様のご参考になれば幸いです。

50代・60代でやっておいた方が良いこと

60代がやっておいて良かったと・やっておけば良かったこと第1位。
健康促進
貴方は健康に気を使っているでしょうか?

そして、第2位。
仕事を続けて収入を得る
仕事を続けておいて良かった、だってお金が足りないから。

50代がやっておいて良かったと・やっておけば良かったこと第1位。
貯蓄・資産形成

そして、第2位。
健康促進
40代でも第2位です。

ちなみに40代も50代も辞めておけばよかったことの第1位と第2位は同じ。
お金の無駄無駄遣い、運動不足
まとめると、お金と健康の話ばかりです。

FIREしてなければ、定年でも引退できない

上記の内容をまとめると、60代になっても無駄遣いでお金がない。
だから、お金がなくて働き続けなければならない。
一方で当てはまらない人も居ます。

60歳の時点で十分な貯蓄がある。
だから、仕事をし続ける必要がない。
60代でやりたいこと、やってよかったことの第3位の旅行が実現できます。

FIREは40代など早期に仕事を引退することですが、実際には定年でも引退できない
海外旅行に行きたいけど、そんな時間もお金もない。
そういう人が多いのです。

定年時に健康寿命終了の人生

健康寿命をご存じでしょうか。
男性でだいたい70歳~72歳と言われています。
60歳で引退できず、65歳、70歳まで働く。

そうすると、老後に健康で過ごせる時間はありません
働けるうちは働くしかない。
仕事を止めるときは、働く元気がなくなり、遊ぶ元気もない。

これで良いのでしょうか?
60歳で引退できれば、70歳までの10年間が健康で過ごせます。
50歳で引退できれば、70歳までの20年間が健康で過ごせます。

これを目指すのがFIREです。
寿命以上に健康で過ごせる時間は長くありません。
今の少しの工夫で、せめて60歳の定年で引退を目指しましょう。

まとめ

今回は、「FIREを達成する意味」についての記事を書かせていただきました。
今回の記事のポイントをまとめると下記の通りとなります。

①多くの人が60歳で引退できない
②健康寿命まで働き続けると、旅行などに行けない
③今日からお金を貯め始めて、FIREを目指そう

 

つまり、健康寿命まで働きたくない場合には今日から貯蓄を始めるのがおすすめです。
そのため、FIRE実現をまじめに考えるようにしましょう!

FIRFIREに興味がある人は、下記の記事もあわせてチェックしてみてください。

 

[あなたも実現]一日でも早くFIRE(経済的自立早期リタイア)を達成する方法&リンク集
https://aoi345.com/finacial-independenc/fire/

[あなたも実現]経済的自立(FIRE)を達成する方法&リンク集